やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

ようこそ議長室

岩丸議長写真

 徳島県議会のホームページにようこそお越しくださいました。

 第95代徳島県議会議長岩丸正史(いわまるまさふみ)です。

 ご承知のとおり、我が国は、「新型コロナウイルス感染症」、「人口減少」、「災害列島」という3つの国難に直面しています。

 2020年より、国内外で拡大した「新型コロナウイルス感染症」は、国民の暮らしや社会経済活動に大きな影響を与えました。

一方、感染拡大防止やリスク回避の観点から、「オンライン会議」や「テレワーク」などが普及し、社会経済のデジタル化が加速

化したことにより、地方移住への関心が高まるなど、国民の意識と行動に変化が生じています。

 都市から地方への「人の流れ」を加速させるため、効果的な施策を展開していかなければなりません。

 また、毎年のように「広域化」・「激甚化」する災害に備えた気候変動への適応や県土強靭化の推進は喫緊の課題となっています。

 こうした状況において、県議会といたしましては、これらの国難克服のため、県民の多様な意思をしっかりと県政に反映させる

べく、議会における論議を尽くし、郷土(ふるさと)徳島の明るい未来を切り拓いてまいる所存であります。

 なお、このホームページでは、徳島県議会の最新情報を積極的に発信してまいります。皆様には、議会の役割や活動についてご

理解を一層深めていただきますとともに、ホームページをご覧になってお気づきの点がございましたら、お気軽に「議長へのメー

ル」としてご教示いただければ幸いです。

 徳島県議会へのご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

徳島県議会議長 岩丸 正史

元木副議長写真

 徳島県議会のホームページにようこそお越しくださいました。

 第106代徳島県議会副議長元木章生(もときあきお)です。

 今年は、東日本大震災の発生から10年の節目を迎えます。私たちは、この地震であまりにも多くのものを失いました。大切な人

の笑顔、かけがえのない命、失ったものは二度と戻りません。私たちは、この経験を後世に伝え、同じ悲しみを二度と繰り返して

はなりません。

 本県においても、南海トラフ巨大地震の発生に備え、防災・減災対策を推進し、県民の皆様の生命と経済を守るため、総力を

結集して、取り組んでいく必要があります。

 こうした状況に加え、「新型コロナウイルス感染症」が収束に至らない中、県議会に寄せる県民の期待も誠に大きなものが

あり、副議長という職責の重大さを痛感しているところであります。

 県民の生命と本県経済を守るため、誠心誠意、取り組んでまいりますので、皆様方のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

徳島県議会副議長 元木 章生