やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「とくしま協働の森づくり事業」の概要について

フォトギャラリー

森づくり活動,実施中です!!

株式会社リブドゥコーポレーション(美馬市),’18森づくりで広がる協働の輪in神山FAB(神山町),協働の森へ行こうinにし阿波2018(三好市),アサヒビール株式会社徳島支社(美波町)

新着情報

事業の概要

徳島県では「徳島県地球温暖化対策推進条例」と「徳島県食料・農林水産業・農山漁村基本条例」が平成21年4月に施行となり,これに伴う森林・林業部門での取組として平成21年6月より「とくしま協働の森づくり事業」がスタートしました。

※条例の変更:「徳島県地球温暖化対策推進条例」は廃止され,新たに「徳島県脱炭素社会の実現に向けた気候変動対策推進条例」が施行されました。(H29.1.1)

この事業は企業や一般の家庭から排出するCO2のうち,自身で削減できない部分を間伐や植林など森林整備による吸収で埋め合わせる,いわゆる「カーボンオフセット」の仕組みをモデル的に実施するものです。皆さま方と共に森を支える協働の森づくりは,「事業者」を対象にした森づくりと「個人・グループ」を対象にした森づくりのそれぞれについて,協力していただける皆さまを募集中です。

企業・団体の皆さんの募集

「森づくり」に参画される事業者(企業・団体)の皆さまを募集します。

◇事業の進め方

(1)事業への参加をご希望される事業者は,寄附金額を決めていただいた後,整備対象森林を県側との調整で決定します。

(2)「事業者」,「徳島県」,「徳島森林づくり推進機構」の3者で「パートナーシップ協定」を締結します。

(3)事業者からの寄附金をもとに,間伐や植林などの森づくりを実施します。

(4)整備された森林におけるCO2吸収量を県が認証し,事業者に対して「森林CO2吸収量証明書」を交付します。

※複数年で協定を締結することも可能です。

※証明された吸収量は,「徳島県脱炭素社会の実現に向けた気候変動対策推進条例」に基づく特定事業者及び中小排出事業者が作成する温室効果ガスの排出削減計画書に定める温室効果ガス排出の抑制目標を達成する手段として利用できます。

お申し込み・お問い合わせ

個人・グループの皆さんの募集

個人やグループでも御参加いただけるよう「1口1,000円」から募金を募ります。

事業の進め方

(1)「1口1,000円」の募金をいただくと森づくりに貢献した証として「CO2吸収貢献カード」(ピンバッジ付き)を1枚発行します。

(2)いただいた募金は間伐などの森林整備の実施に役立てます。

お申し込み先

パートナーシップ協定締結式

森林CO2吸収量認定委員会

森林整備が完了すると,整備された森林におけるCO2吸収量を「森林CO2吸収量認定委員会」で審査・認定します。

森林CO2吸収量証明書交付式

森林CO2吸収量認定委員会で吸収量が審査・認証されると,知事から「森林CO2吸収量証明書」が協力企業・団体の皆様に交付されます。

協力企業・団体による森づくり活動

協定企業・団体名一覧

これまでにパートナーシップ協定を締結した企業・団体名一覧です。

今後とも,皆さまのご協力をよろしくお願い申し上げます。