やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

活動について

『伝えるサポーター』を【基本活動】とし、さらに各人のライフスタイルに合わせて、次の活動を行います。

伝える画像
基本活動の画像
  • 消費者情報センター等からの情報を周りの消費者(家族、友人、近所や職場等)に広める。
  • 周りの消費者の相談やニーズを消費者情報センター等につなぐ。
    ・・・などが、基本活動となる「伝えるサポーター」の活動例です。
学ぶ画像
  • くらしのサポーター研修会に参加する。
  • 消費生活等のくらしの学習に参加
    (消費者大学校、消費者大学校大学院、金融経済講演会 等)
  • 消費生活等に関する講座を受講する。
  • 消費者まつり等の消費者等の交流の場に参加する。
    ・・・などが、「学ぶサポーター」の活動例です。
活動画像
  • 周りの消費者の消費生活に関する簡易な相談に対応する。
  • 消費生活に関する街頭啓発活動に参加する。
  • 消費生活に関するモニター調査に協力する。
  • パブリックコメント(県政への意見表明)やシンポジウム等で消費者としての意見を発表する。
  • 学習グループ活動を行う。
  • 県等が行っている消費者行政の推進に協力する。
    ・・・などが、「活動するサポーター」の活動例です。
教える画像
  • 消費生活等に関する講座の講師をする。
  • 地域の消費生活等に関する学習グループを主宰するなど消費者啓発を実施する。
    ・・・などが、「教えるサポーター」の活動例です。

研修受講

県が実施する研修会に出席してください。県央部、県南部、県西部の3か所で開催します。

情報収集・発信

次の方法で情報を発信しますので、その情報を活動の参考にしてください。

(郵送希望の方には郵送します。それ以外の方はセンターホームページ
「くらしのサポーター」サイトでご覧ください。)

様々な有益な情報を定期的に発信していきます。

講演会、調査、パブリックコメント、啓発活動等のご案内

講演会、調査、パブリックコメント、啓発活動等について、随時、ご案内しますので、ライフスタイルに合わせて参加できる事業にご協力ください。

サポーター同士の交流

消費者まつりや交流会などで、くらしのサポーター同士の交流を図りますので、ご参加ください。

活動の記録

「伝える」「学ぶ」「活動する」「教える」活動をされた場合は、活動手帳に記録してください。

なお、ここでご紹介した活動以外に、くらしのサポーターとしてふさわしいとご判断して活動されたものがありましたら、その活動についても、活動手帳に記録してください。

活動の報告

年度の終わりに、活動報告書を提出してください。手帳の提出に代えて、次の報告様式をメール又はファクシミリでご提出いただくことも可能です。

「右クリック」→「対象をファイルに保存」 を選択してください。

個人サポーター報告様式
報告様式個人の画像
団体サポーター報告様式
報告様式団体画像