やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

学校案内

沿革

それぞれに歴史のある「徳島県立看護専門学校」と「徳島県立看護学院」が統合し,県内最大規模の看護師等養成校「徳島県立総合看護学校」が平成23年4月開校しました。

看護専門学校の沿革

【徳島県中央高等看護学校】

昭和25年 4月 国立病院附属看護学院として開設
昭和28年 4月 国立徳島病院附属高等看護学院に名称変更
昭和28年 7月 国立徳島病院の県立移管に伴い,名称を徳島県中央高等看護学校と改称

【県立保健婦専門学院】

昭和47年 4月 徳島県立保健婦専門学院を開設

【県立看護専門学校】

昭和49年 4月 中央高等看護学校と保健婦専門学院を統合し,徳島県立看護専門学校として発足。看護婦科及び保健婦助産婦科の2学科を置く
昭和52年 4月 専修学校制度による看護専門課程として設置認可
平成 3年 4月 学科名を看護学科,保健助産学科に改称
平成20年 3月 保健助産学科が閉科

看護学院の沿革

【医師会立准看護学院】

大正 9年 3月 徳島市医師会附属産婆看護婦養成所として開設
昭和27年 4月 徳島県医師会准看護婦養成所となる
昭和38年 4月 徳島県医師会准看護学院と改称

【県立准看護学院】

昭和38年 6月 徳島県准看護学院設置

【医師会立高等看護学院】

昭和44年 4月 徳島県医師会高等看護学院開設

【県立看護学院】

昭和50年 4月 医師会立准看護学院と県立准看護学院を統合し、県立看護学院を設置(徳島市幸町3丁目)学院の運用業務を(社)徳島県医師会に委託
昭和50年10月 医師会立高等看護学院を県立看護学院に統合
昭和54年12月 専修学校認可
平成 9年 9月 現在地(徳島市鮎喰町2丁目41番地の6)に新築移転
平成17年 4月 看護学科に通信制が新設
平成23年 3月 看護学科通信制が廃止となる