やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

水銀使用製品産業廃棄物及び水銀含有ばいじん等への対応について

 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則の一部を改正する政令

(平成29年環境省令第10号)が,平成29年6月9日に公布,水銀使用製品産業廃棄物及び

水銀含有ばいじん等が定義され,平成29年10月1日から施行されます。

 水銀使用製品産業廃棄物及び水銀含有ばいじん等については,通常の産業廃棄物の措置に加え,

以下のような措置が必要となります。

1 水銀使用製品産業廃棄物及び水銀含有ばいじん等に共通して必要な措置

(1) 業の許可

    取り扱う廃棄物の種類に「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」が

       含まれることが必要。 

(2) 委託契約書

    委託する廃棄物の種類に「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」が

     含まれることを明記すること。

(3) マニフェスト

    産業廃棄物の種類欄に「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」が

       含まれること,また,その数量を記載すること。

(4) 廃棄物保管場所の掲示板

          産業廃棄物の種類欄に「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」が

       含まれることを明記すること。

(5) 帳簿

          「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」に係るものであることを明記すること。

 

2 水銀使用製品産業廃棄物に関する新たな措置

(1) 保管

    他の物と混合するおそれのないように仕切りを設ける等の措置をとること。

(2) 処理の委託

    ・ 「水銀使用製品産業廃棄物」の収集運搬又は処分の許可を受けた事業者に委託すること。

    ・ 水銀回収が義務付けられているものの処理を委託する場合は,水銀回収が可能な事業者

             に委託すること。

(3) 収集・運搬

          破砕することのないよう,また他の物と混合するおそれのないように区分して収集・運搬する

   こと。

(4) 処分・再生

    ・ 水銀又はその化合物が大気中に飛散しないように必要な措置をとること。

    ・  水銀回収の対象となる水銀使用製品産業廃棄物については,ばい焼設備によるばい焼,

            又は水銀の大気飛散防止措置をとった上で,水銀を分離する方法により,水銀を回収する

            こと。

          ・  安定型最終処分場への埋立は行わないこと。

 

3 水銀含有ばいじん等に関する新たな措置

(1) 処理の委託

    ・ 「水銀含有ばいじん等」の収集運搬又は処分の許可を受けた事業者に委託すること。

    ・ 水銀回収が義務付けられているものの処理を委託する場合は,水銀回収が可能な事業者

             に委託すること。

(2) 処分・再生

    ・ 水銀又はその化合物が大気中に飛散しないように必要な措置をとること。

    ・  水銀回収の対象となる水銀使用製品産業廃棄物については,ばい焼設備によるばい焼,

            又はその他の加熱工程により水銀を回収すること。

   詳しくは,環境省ホームページをご覧下さい。

   なお,平成29年10月1日以降,「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」に

ついては,許可においてその取扱いを明らかにする必要があります。

   本県では,変更届出等により,許可証の書替えを行いますので,詳細については,添付ファイルをご覧下さい。

 

○ 変更届出様式

○ 変更届出(記載例)