文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

性暴力被害者支援センター「よりそいの樹(き) とくしま(中央・南部・西部)」について

「よりそいの樹とくしま」

開設目的

誰にも相談できないまま、ひとりで被害を抱え込んでしまいがちな性暴力の被害者に寄り添い、関係機関との連携の下、被害者の希望やニーズに合わせた支援を提供していくことを目的とします。

※性暴力とは、同意のない・対等でない・強要された性的な行為はすべて性暴力です。

 例えば、

 ・性交された

 ・裸の写真や動画を撮られた

 ・セクハラや痴漢など性的な嫌がらせをされた など

相談窓口電話番号

  • ◇よりそいの樹とくしま・中央<徳島市、鳴門市、小松島市、吉野川市、阿波市、勝浦郡、名東郡、名西郡、板野郡にお住まいの方>
  • TEL:088-623-5111
  • ◇よりそいの樹とくしま・南部<阿南市、那賀郡、海部郡にお住まいの方>
  • TEL:0884-23-5111
  • ◇よりそいの樹とくしま・西部<美馬市、三好市、美馬郡、三好郡にお住まいの方>
  • TEL:0883-52-5111
  • ◇共通相談ダイヤル
  • #8891(はやくワンストップ)

※従来の「0570ー003889」は令和4年3月末をもって終了いたしましたので「#8891」へご連絡ください。

受付時間

24時間受付(電話相談)

※夜間(17時~翌朝9時)・土・日・祝日・年末年始はコールセンターが対応。来所相談は要予約。

支援内容

  1. 相談員による電話相談及び面接相談(女性職員が対応)
  2. 関係機関等への付き添い支援
  3. 関係機関との連携による本人の希望とニーズに応じた支援のコーディネート
    • 産婦人科医療(緊急避妊、性感染症の検査等)
    • 警察への相談・通報に関すること
    • 心理カウンセリング
    • 弁護士による法律相談
      ※産婦人科医療、カウンセリング、法律相談について公費負担制度があります。(一定の利用条件があります。)

ひとりで苦しんでいるあなたへ

 「よりそいの樹とくしま」では、性的な被害についてのご相談をお受けしています。女性の相談員があなたのお話をうかがい、あなた自身が納得できるようにあなたの気持ちを一番大切にしながら支援を行います。

 たとえ相手がよく知っている人でも、知らない人でも、どこで起こったとしても、あなたが望まない性的な行為はあなたの人権と尊厳を傷つける暴力です。自分も悪かったと自分を責めているのではありませんか?被害を受けたあなたは何も悪くありません。悪いのは加害者です。

 私たちを信じて、ご相談ください。秘密は必ず守ります。匿名でのご相談もお受けします。ご家族、友人や関係者からのご相談もお受けしています。

若年向けリーフレット(中学生程度対象)も作成しています。

その他の相談窓口

男性からの相談について

(公社)徳島被害者支援センターでは、男性からの性暴力被害の相談を受け付けています。

・TEL:088-678-7830

・受付日時:月・水~土曜日9:00~16:00(祝祭日・年末年始 を除きます)

※面談での相談は事前にご予約を

※相談無料・秘密厳守

くわしくはこちら→公益社団法人徳島被害者支援センター(外部ページ)

性暴力に関するSNS相談について(内閣府)

・受付日時: 毎日17時~21時
・下記のウェブページからチャットルームに入れます。

※匿名で相談できます。
※SNS相談(日本語、外国語対応)、メール相談(日本語のみ)にて受け付けています。

性犯罪・性暴力相談窓口一覧

各種相談窓口の詳細はこちらをご覧ください。

性犯罪・性暴力相談窓口一覧(内閣府男女共同参画局ホームページ)

お知らせ

性犯罪に関する規定の変更について

令和5年6月16日、「刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律」及び「性的な姿態を撮影する行為等の処罰及び押収物に記録された性的な姿態の影像に係る電磁的記録の消去等に関する法律」が成立し、一部の規定を除いて、同年7月13日から施行されました。
くわしくは下記の法務省ホームページをご覧ください。

性犯罪関係の法改正等Q&A(法務省ホームページ)

「若年層の性暴力被害予防月間」について

4月は若年層の性暴力被害予防月間です。

相手が同意していない性的な行為は性暴力であり許されません。また、もし自分が同意していない性的な行為をされたら、それは性暴力被害です。
被害者にも加害者にも傍観者にもならないために、性暴力に関する情報を共有し、社会全体で性暴力をなくしていきましょう。
「被害にあっているかも」と思ったら、ひとりで悩まず、徳島県性暴力被害者支援センター「よりそいの樹とくしま」にご相談ください。

くわしくはこちら→・若年層の性暴力被害予防月間(外部ページ)(内閣府男女共同参画局ホームページ)

 ※啓発動画も公開されています。

「こども・若者の性被害防止のための緊急啓発期間」について

令和5年7月 26 日、政府では、関係府省会議において「こども・若者の性被害防止のための緊急対策パッケージ」を取りまとめ、本年8月~9月を「こども・若者の性被害防止のための緊急啓発期間」と位置づけ、集中的に啓発活動を実施することとしております。

詳しくは内閣府のホームページをご覧ください。

◆内閣府ホームページ

・「こども・若者の性被害防止のための緊急対策パッケージ」のページ(外部ページ)

・性犯罪・性暴力とは(外部ページ)

啓発カード(表面)
啓発カード(裏面)

広報啓発資材

性暴力に関するパンフレット(内閣府作成)

「性的同意」に関する啓発動画(政府広報)

この動画は、政府広報として作成したものであり、性的同意について、大切にしたいポイントをSHELLYさんがわかりやすく紹介しています。

啓発動画(政府広報)(外部ページ)(内閣府男女共同参画局ホームページ)

巧妙になっている10代・20代に対する性暴力の手口

10代・20代に対する性暴力の手口が巧妙になっています。

  • AV(アダルトビデオ)出演強要(外部ページ)(内閣府男女共同参画局ホームページ)
    モデル等のスカウトを装って、AV出演や性的な行為を強要されるケースがあります。
  • JK(女子高生)ビジネス(外部ページ)(内閣府男女共同参画局ホームページ)
    「おしゃべりするだけ!安心!時給よし!」そんなアルバイト募集広告が実際は性的な行為を含むアルバイトであるケースがあります。
  • レイプドラッグ(外部ページ)(内閣府男女共同参画局ホームページ)
    睡眠薬などのクスリを飲み物や食べ物に混ぜられ、性暴力の被害にあうケースがあります。
  • デートDV(外部ページ)(内閣府男女共同参画局ホームページ)
    身体的な暴力だけではなく、精神的、経済的、性的な暴力があります。「好きだから」「嫌われたくないから」という気持ちが先立って、自分では暴力と気付けないこともあります。
  • SNSを利用した性被害
    言葉巧みに誘導され、自分の裸の画像を送信させられたり、誘い出されてわいせつな行為をさせられたりするケースがあります。
  • 酔わせて性行為を強要
  • セクシュアルハラスメント
  • 痴漢

関連ページ