やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

麻薬小売業者間譲渡許可について

麻薬小売業者間譲渡許可は,麻薬小売業者が自らの麻薬の在庫不足により,急な麻薬処方せんに対応できないという問題に対応するため,麻薬が適切かつ円滑に患者に対し提供されるよう設けたものです。麻薬の在庫不足のため麻薬処方せんにより調剤することができない場合に限り,当該不足分を近隣の麻薬小売業者間で譲渡・譲受することを可能とする許可になります。

※平成28年4月1日から地方分権改革による国から都道府県への権限移譲により、申請窓口が都道府県になっております。

1.申請方法

麻薬小売業者間譲渡許可を受けようとする麻薬小売業者は,省令の条件や制度の趣旨に合致することを確認した上で,以下に掲げるものを徳島県保健福祉部薬務課宛てに提出(郵送でも可)してください。許可された場合には,原則として許可書を郵送いたします。(許可の有効期限は,許可の日からその日の属する年の翌々年の12月31日まで。)

(1)申請書の正本(1部)

※4店舗以上のグループは別紙様式を用いて作成してください。

(2)申請書の副本(申請する麻薬小売業者の数に1を加えた部数)

(3)全申請者の麻薬小売業者免許の写し(各1部)

(4)全申請者の麻薬小売業者の所在地分布が分かる資料

 ● 各麻薬業務所の所在場所が記載されている地図(1枚)

  (1枚に全ての申請業務所が明記されたもの)

 ● 各麻薬業務所間を移動する際に要する時間及びその間の距離を示したもの(1部)

  (時間については、通常時に要する時間及びその際の移動方法)

※(4)について,同一市町村内の麻薬小売業者が申請する場合は,省略して差し支えありません。

2.譲渡・譲受

麻薬小売業者間譲渡許可を受けた麻薬小売業者(以下「許可業者」という。)は,許可業者間で麻薬の譲渡・譲受を行う際に次の点に注意してください。

● 麻薬を譲り渡す場合には,麻薬処方せんの写し及び譲受人が作成した譲受確認書の交付を受けた後もしくはこれらと引き換えに麻薬を譲り渡し,同時に自らが作成した譲渡確認書を譲受人に交付すること。また,これらの確認書等は2年間保存すること。

● 麻薬の在庫不足のために,麻薬処方せんにより調剤することができない場合に限り,当該不足分を譲渡・譲受すること。

● 許可に当たって付された条件を遵守すること。

● 譲渡・譲受を行う場所は,事故の未然防止の観点から,適切と考えられる場所とすること。

● 麻薬の運搬については,それぞれの管理薬剤師又はその管理の下で業務に従事する者が行うこととし,麻薬卸売業者や配送業者が行ってはならないこと。

● 譲り渡す許可業者は,予製した麻薬ではなく,原末を譲渡すること。

3.義務

許可業者には以下のとおりの義務があります。

報告について

許可業者は,麻薬及び向精神薬取締法第47条に基づく都道府県知事への届出の際,品名ごとに,許可業者間における譲渡・譲受に係る数量の合計を算出し,合計欄に内数として括弧書きで併記してください。

記録について

許可業者は,許可業者間における麻薬の譲渡・譲受についても,麻薬帳簿への記載を行ってください。

書類の保管について

許可業者は,許可を受けた日から5年間,麻薬小売業者間譲渡許可書を保管してください。

4.変更届

許可業者は,許可の有効期間内に生じた変更について,すべての麻薬小売業者間譲渡許可書を添えて,速やかに徳島県保健福祉部薬務課宛てに提出してください。

(1)変更届書の正本(1部)

※3店舗以上のグループは別紙様式を用いて作成してください。

(2)変更届書の副本(許可業者の数に1を加えた部数)

5.追加届

許可業者は有効期間内に当該許可業者以外の麻薬小売業者を新たに加える必要があるときは,当該許可業者と当該許可業者以外の麻薬小売業者と共同して,すべての麻薬小売業者間譲渡許可書を添えて,事前に徳島県保健福祉部薬務課あてに提出してください。

(1)追加届書の正本(1部)

※4店舗以上のグループは別紙様式を用いて作成してください。

(2)追加届書の副本(許可業者の数に1を加えた部数)

(3)追加する麻薬小売業者の麻薬小売業者免許の写し

(4)全申請者の麻薬小売業者の所在地分布がわかる資料

 ● 各麻薬業務所の所在場所が記載されている地図(1枚)

  (1枚に全ての申請業務所が明記されたもの)

 ● 各麻薬業務所間を移動する際に要する時間及びその間の距離を示したもの(1部)

  (時間については、通常時に要する時間及びその際の移動方法)

6.再交付

許可業者は,麻薬小売業者間譲渡許可書を毀損し,又は亡失したときには,速やかに徳島県保健福祉部薬務課に麻薬小売業者間譲渡許可書の再交付を申請してください。

7.返納届

許可業者は,以下に掲げる事由に該当することとなったときは,麻薬小売業者間譲渡許可書を速やかに徳島県保健福祉部薬務課に返納してください。

● 全ての麻薬小売業者間譲渡許可を受けた麻薬小売業者が他の麻薬小売業者間譲渡許可を受けた麻薬小売業者に麻薬を譲り渡さないこととしたとき(1つの麻薬小売業者を除く業者が全て麻薬小売業者免許を失った場合を含む。)

● 全ての麻薬小売業者間譲渡許可を受けた麻薬小売業者の免許が効力を失ったとき。

● 麻薬小売業者間譲渡許可書の再交付を受けた後において亡失した麻薬小売業者間譲渡許可書を発見したとき(なお,この場合においては,発見した許可書を返納すること。)

8.Q&A