やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「令和元年度『とくしま消費者見守りネットワーク』定例会議」を開催しました

 県では、見守りネットワークに係る県域の関係機関・団体が一堂に会し、市町村における見守りネットワーク活動の支援及び消費者問題の周知啓発を図ることを目的として、「令和元年度『とくしま消費者見守りネットワーク』定例会議」を開催しました。

 徳島県では、目標より1年前倒しの平成30年度末までに、県内全市町村で「見守りネットワーク」の構築が完了しました。そこで、「とくしま消費者見守りネットワーク」の活動内容を「市町村等での見守りネットワークの構築や活動に対する支援」から「市町村等での見守りネットワークの活動に対する支援」に変更することとし、設置要綱第1条及び第4条を改正しました。

 また、「徳島健康生活協同組合」から当ネットワークへの参加希望があり、「とくしま消費者見守りネットワーク」の構成団体に加入することとなりました。

待鳥専門官の講演

 会議においては、消費者庁の待鳥専門官から、消費者安全確保地域協議会(見守りネットワーク)の必要性について、講演していただきました。

 その後、県からは、徳島県での見守りネットワークの取組について、また岡本相談員からは、最近の消費者問題について報告しました。

見守りコーディネーター紹介

 また,今年度から新たに設置された「見守りコーディネーター」を紹介しました。

 「見守りコーディネーター」には、ネットワーク活動を活性化させるリーダー的な役割を担っていただきます。

 最後の意見交換・質疑においては,各構成団体から日頃の取組について御紹介いただくとともに,活発な意見交換がなされました。

意見交換・質疑の様子

開催日時

 令和元年11月6日(水)午後1時30分から午後3時30分まで

会場

徳島グランヴィリオホテル 1階 グランヴィリオホール

(徳島市万代町3-5-1)

次第

1 開会挨拶(消費者くらし安全局長 三好 誠治)

2 とくしま消費者見守りネットワーク設置要綱の改正について

3 講演「消費者安全確保地域協議会(見守りネットワーク)の必要性について」

 (消費者庁地方協力課 政策企画専門官 待鳥 三津子 氏)

4 報告「徳島県での見守りネットワークの取組について」

 (消費者くらし政策課長 勝間 基彦)

 (消費生活相談員 岡本 壮史 氏)

5 見守りコーディネーター紹介

6 意見交換・質疑応答

参加者数

70名

 (構成団体:29名,見守りコーディネーター及び市町村:25名,消費者庁:1名、消費者庁消費者行政新未来創造オフィス等:7名,消費生活相談員:1名、事務局・事務局関係機関:7名)