やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

宮腰大臣の来県と「消費者庁新未来創造戦略本部」の設置について

「消費者庁新未来創造戦略本部」の設置

 令和元年8月19日に、宮腰内閣府特命大臣が来県し、飯泉徳島県知事と面会し、新たな未来に向けた消費者行政の発展・創造のためにふさわしい機能と規模を備える、新たな恒常的な拠点として、「消費者庁 新未来創造戦略本部」を本県に設置することを発表されました。

宮腰大臣からは、「全国展開を見据えたモデルプロジェクトの実施に加え、消費者庁では初めてとなる、「国際消費者政策研究センター(仮称)」を設け、組織としても次長を置いて、体制強化を図るとともに、機能の拡充に併せて規模の拡大を目指している。消費者庁の名を冠することに現れているとおり、東京における消費者庁と並び、車の両輪として、消費者行政を発展させていきたい。」と説明がありました。

徳島県立城西高等学校等の視察

また、同日には高野参議院議員と「G20消費者政策国際会合」の会場であるJRクレメントホテル徳島や、現地視察先の徳島県立城西高等学校を視察されました。お二人は、生徒達によるエシカル消費の取組等について説明をうけた後、生徒達と一緒に藍染めを体験されました。なお、国際会合当日では、生徒達が染めた藍染めのハンカチが、海外からの参加者を含めた来場者への記念品となります!

徳島県立城西高等学校の視察後、おふたりは、徳島市消費生活センターを視察され、徳島市の遠藤市長と面会し、徳島市消費生活センター所長から最新の消費者トラブルについて説明を受けた後、消費生活相談員さん達と懇談されました。

藍染めのハンカチを持って生徒達と記念撮影
藍染めを体験している様子
徳島市の遠藤市長や消費生活センター所長に挨拶する様子