やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

関西広域連合主催の「サステナブル経営推進セミナー」が開催されました(R1.11)

本県が構成員となっている「関西広域連合」では、東京一極集中の是正に資する政府機関の移転を推進しており、その取組の一つとして、本県が消費者庁とともに行うモデルプロジェクトについても支援しています。
そのプロジェクトの一つである「消費者志向経営(サステナブル経営)」について、関西においてもこの取組を推進するため関西広域連合主催のセミナーが開催されました。

1 主 催 関西広域連合

2 後 援 消費者庁、公益社団法人関西経済連合会、一般社団法人関西経済同友会、公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)、関西SDGsプラットフォーム

3 開催日時 令和元年11月12日(火) 午後1時30分~午後3時30分

4 会 場 関西経済連合会 29階会議室(大阪市北区中之島6丁目2番27号 中之島センタービル)

5 内 容

(1) 主催者挨拶

(2) 講演1「消費者は見ている!」

 講師:四国大学短期大学部ビジネス・コミュニケーション科教授 加渡 いづみ 氏

(3) 取組説明「サステナブル経営推進の取組」

 講師:徳島県消費者くらし政策課長 勝間 基彦 氏

(4) 講演2「行政との連携によるサステナブル経営への取組み」

 講師:大塚ホールディングス株式会社 CSR推進部 コンシューマー リレーションズ担当リーダー 坪井 悦子 氏

(5) パネルディスカッション「企業と行政の連携によるSDGs」

 モデレーター:四国大学短期大学部 加渡 いづみ 氏

 パネリスト:消費者庁 参事官(調査・物価等担当)付 政策企画専門官 横見瀬 薫 氏、ACAP専務理事 坂倉 忠夫 氏、徳島県 勝間 基彦 氏、大塚ホールディングス 坪井 悦子氏

関西広域連合 村上事務局長による開会挨拶
四国大学短期大学部 加渡氏による講演
徳島県 勝間氏による取組説明
大塚ホールディングス 坪井氏による講演
パネルディスカッション(消費者庁 横見瀬氏)
パネルディスカッション(ACAP 坂倉氏)

講演及び取組説明において、四国大学短期大学部 加渡氏から消費者、徳島県 勝間氏から行政、大塚ホールディングス 坪井氏から企業、それぞれの視点でサステナブル経営のお話をいただきました。

パネルディスカッションでは上記の3名と、消費者庁 横見瀬氏、ACAP 坂倉氏の5名により、サステナブル経営を通じたSGDs達成の方法について意見交換を行いました。

本セミナーに参加した多く方々にとって、持続可能な社会に向けて企業や個人として、何をしていくべきかを考える機会となりました。