やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「みんなで学ぶ!エシカル教室in広島」を開催しました。

より良い社会を創る消費行動として注目されているエシカル消費への理解や実践力を高めるため、エシカル消費につながる認証マークを学び、実際に食することをとおして、生産から食卓までのフードチェーンを体感できるエシカル教室を広島県と連携して実施しました。

日時:平成30年11月3日(土)午前10時20分から午後零時20分まで

場所:イオンモール広島祇園(広島市安佐南区)

参加者:小学生とその保護者、2人1組または3人1組/9組21名

学習1「エシカル消費」ってなに?

学習1では「エシカル消費」とはなにかについて、消費者庁消費者教育・地方協力課/課長補佐/小熊智子氏から、講義がありました。

講義では、エシカル消費につながる認証マークの紹介や地球温暖化についてお話をいただき、エシカル消費が求められている背景について学びました。

エシカル消費について
消費者庁消費者教育・地方協力課/課長補佐/小熊智子氏による講義

学習2「エシカル商品・農産物を探そう」

学習1で学んだエシカル消費につながる認証マークがつけられている商品を実際にチェックしながら、商品が作られた背景を学びました。

生産過程を学習
エシカル消費つながる認証マークや商品の生産過程を学習

学習3「生産から食卓までを体感しよう」

学習3では、学習2で確認していただいたエシカル消費につながる認証マークがつけられている農産物や、広島県や本県で生産された食材を使って調理した料理を試食していただきました。今回は、本県の食の魅力を全国に発信する小型PRトラックである「でり・ばりキッチン阿波ふうど号」が広島と徳島の地元食材のおいしさを参加者の皆様に届けました。

みんなで楽しく「エシカル消費」を学びました。
みんなで楽しく「エシカル消費」を学びました。御参加いただきました皆様、ありがとうございました。