やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

関西広域連合主催の「消費者志向経営推進セミナー」が開催されました

 関西広域連合では、東京一極集中の是正に資する政府機関の移転を推進しており、徳島県への消費者庁等の移転を実現するため、徳島に設置された「消費者行政新未来創造オフィス」の「新未来創造プロジェクト」を支援しています。関西においてもこれらの取組を理解する契機とするため、プロジェクトのひとつである「消費者志向経営」に焦点をあてたセミナーを次のとおり開催しました。

1.日時:平成30年10月19日(金)午後1時30分~午後3時

2.場所:関西経済連合会29階294会議室(大阪市北区中之島6丁目2番27号中之島センタービル)

3.主催:関西広域連合

4.後援:消費者庁、関西経済連合会、関西経済同友会、大阪商工会議所、関西SDGsプラットフォーム

5.内容

 (1)消費者志向経営の推進に向けて

  講師:消費者庁消費者調査課長 太田 哲生 氏

 (2)公益社団法人 消費者関連専門家会議(ACAP)の消費者志向経営の取り組み

  講師:(公社) 消費者関連専門家会議専務理事 坂倉 忠夫 氏

 (3)質疑応答

消費者庁 太田調査課長による説明
ACAP 坂倉専務理事による説明

 本セミナーにおいて、消費者庁 太田調査課長は消費者志向経営について説明するとともに、関西でも消費者志向経営の取組を普及・促進させるため、徳島県の例も参考にした上で、消費者志向経営の推進組織の立ち上げを検討していただきたい旨の要請を行いました。

 また、ACAP 坂倉専務理事は、ACAPが進める消費者志向経営の取組や企業が進める消費者志向経営の具体的な取組事例を紹介し、参加した多くの出席者の関心を集めました。