やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

エシカル消費と消費者志向経営に取り組む事業者の見学バスツアーについて

平成30年9月11日(火)、県と徳島県消費者協会は、平成30年度徳島県消費者大学校大学院(開講期間:8/28~9/25)におけるエ シカル消費コースの講座として、エシカル消費及び消費者志向経営に取り組む事業者を見学し、より実践的な学習の機会とするため見学バスツアーを行いました。

最初に視察に訪れた株式会社日誠産業さんは、紙の再生を通じてさまざまな循環型リサイクルを提案するオーダーメイドパルプメーカーで、徳島県が進める「エシカル消費者自主宣言」や「消費者志向自主宣言」を行い、県内のトップランナーとして多くの取組を進められています。

消費者大学校大学院の受講生は、紙をリサイクルする際に環境に配慮している点など様々な質問を熱心に行いました。

日誠産業の担当者から説明を受ける受講生
リサイクル前の回収資材を見学する様子

続いて訪問したJA東とくしまみはらしの丘あいさい広場は、売り場面積の拡大や地産地消のレストランを開設して今年4月27日にリニューアルオープンしたばかりの産直市で、県が進める「エシカル消費者自主宣言」を行い、お客様の健康や豊かな食生活の確保を第一に考えた取組を進めています。

売り場の中には「エシカル農産物」のコーナーが設けられるなど、積極的な取組の様子が見学できました。

あいさい広場について説明を受ける受講生
あいさい広場の売り場の様子

見学を終えた受講生からは、具体的なイメージが浮かびにくい「消費者志向経営」や「エシカル消費」について、実際の現場で説明を聞き、見学することで「大変勉強になった」との反響がありました。