やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「みんなで学ぶ!エシカル教室」を開催しました。

より良い社会を創る消費行動として注目されているエシカル消費への理解や実践力を高めるため、エシカル消費につながる認証マークを学び、実際に食することをとおして、生産から食卓までのフードチェーンを体感できるエシカル教室を実施しました。

日時:平成30年8月26日(日)午前10時20分から午後零時20分まで

場所:イオンモール徳島(4階イオンホール、イオンスタイル、ベイフロントパーク)

参加者:小学生とその保護者、2人1組または3人1組8組

学習1「エシカル消費を学ぼう」

学習1では、徳島県危機管理部小椋昇明次長、イオントップバリュ株式会社有本幸泰氏から「エシカル消費」とは何かについて講義がありました。

エシカル消費とは
小椋次長による講義
 
エシカル消費とは
有本氏による講義

学習2「エシカル商品・農産物を探そう」

学習2では、1階のイオンスタイルにおいて、エシカル消費につながる認証マークを学んでいただき、実際に認証マークがつけられた農産物や商品をチェックしていただきました。

マーク認証
MSC認証マークについて学習
マーク
フェアトレードについて学習
マーク
有機JASマーク、GAP認証マークについて学習

学習3「生産から食卓までを体感しよう」

学習3では、学習2で確認していただいたエシカル消費につながる認証マークがつけられている農産物や、本県で生産されたエシカルな農産物を活用して調理した料理を試食いただきました。今回は、本県の食の魅力を全国発信する小型PRトラックである「でり・ばりキッチン阿波ふうど号」において調理を行い、参加された皆様に、徳島の食材のおいしさを実感していただきました。

試食
徳島県6次産業化プランナー曽谷さおり先生によるレシピ説明
試食
「白身魚と夏野菜の包み焼き」「ケークサレ」を試食