やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

消費者庁が実施した徳島大学での講義について(平成30年6月13日)

講義を行う消費者庁職員

平成30年6月13日、消費者庁消費者行政新未来創造オフィスの職員が徳島大学において、現在徳島県内で展開しているプロジェクトのうち、「消費者志向経営の推進」と「公益通報者保護制度」について学生に講義を行いました。

ワークショップの様子

講義では徳島県が進める各種の取組についても紹介されたほか、消費者志向経営をテーマとしたワークショップも行われ、学生からは積極的な意見が出されました。

事業者から出向している職員の説明

このほか、県内で「消費者志向自主宣言」を行っている事業者3社から出向している職員がそれぞれの取組を紹介し、学生は熱心に耳を傾けました。

今回の講義を通じて、事業者の方だけではなく、これから社会に出て行く若い世代の方々にも、消費者志向経営の考え方とその普及に努める徳島県の取組を理解してもらう機会となりました。