やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「見守りネットワークの構築」プロジェクト

 全国的に認知症の方を含め、高齢者等を中心に消費者トラブルが増加し、また悪質化・深刻化しており、相談体制の整備に加え、消費生活上特に配慮を要する消費者に対する取組が必要となっています。

 そこで、徳島県では地方公共団体と地域の様々な団体・機関が連携して高齢者等を見守る「消費者安全確保地域協議会(見守りネットワーク)」の構築を進めており、平成31年度末までに県内全市町村での設置を目標としていたところ、1年前倒しで目標を達成しました

 紹介動画はこちら→https://youtu.be/gN1XCnljg6w(YouTube「徳島県チャンネル」)

徳島県内の見守りネットワーク設置状況

 県から各市町村へ情報提供などの支援を行ったところ、県内では次のとおり見守りネットワークが設置されています。

 消費者庁の「地方消費者行政強化作戦」においては、人口5万人以上の全市町に見守りネットワークを設置することとされていますが、徳島県は平成30年3月末に全国で初めてこの目標を達成しました!

  ※全国の設置状況につきましては、消費者庁ホームページ(外部サイト)に掲載されています。

見守りネットワークの活動について

 見守りネットワークでは、構成団体が普段の業務や活動の中で高齢者の消費生活や健康、安否などに気を配り、何かあったら関係機関へつなぎ、支援する仕組みを構築しています。

訪問活動の様子
高齢者の訪問活動の様子

とくしま消費者見守りネットワークについて

 市町村の見守りネットワークの構築や見守り活動を積極的に協力・支援するために、平成29年12月20日に「とくしま消費者見守りネットワーク」(県版ネットワーク)を設置しました。

 ○「とくしま消費者見守りネットワーク」設立会議 (平成29年12月20日(水)に開催)

 ○平成30年度「とくしま消費者見守りネットワーク」定例会議 (平成30年8月29日(水)に開催)

 ○令和元年度「とくしま消費者見守りネットワーク」定例会議 (令和元年11月6日(水)に開催)

 県では、目標より1年前倒しの平成30年度末までに、県内全市町村で「見守りネットワーク」の構築が完了し、「とくしま消費者見守りネットワーク」の活動内容の一部を達成することができました。今後は、引き続き市町村の見守りネットワークの活動を支援するとともに、構成団体へのメールマガジン発信などを通じて、消費者問題の周知啓発に取り組みます。

設立会議
設立会議の様子

見守りネットワーク研修会について

【平成30年度】

 徳島県では、各市町村等を対象として、各地域の特性を活かした見守りネットワークの構築を支援するため、県内3圏域で研修会を開催しました。

H30.7.17 県南における研修会を開催しました!

●H31.1.10 県西における研修会を開催しました!

H31.1.18 県央における研修会を開催しました!

【令和元年度】

 徳島県では、各見守りネットワーク活動をさらに活性化させるため、多様化する消費者被害に対応できるよう、ケーススタディ型の勉強会を県内3圏域で開催しました。

R2.1.16県西における勉強会を開催しました!

R2.1.17県南における勉強会を開催しました!

R2.2.3県央における勉強会を開催しました!

啓発ツールについて

 県では、高齢者の消費者トラブルに係る周知啓発グッズを作成し、構成団体と協力して、見守り活動において活用しています。

【活用事例】

・宅配業者が高齢者宅への宅配の際に、チラシを配布

・新聞の折り込み記事において、特殊詐欺の啓発を実施

啓発チラシ(県版)
啓発チラシ(市町村版)

※啓発チラシを研修会等でご利用になりたい方は、無償で提供いたしますので、下記までお問い合せください。

輝け!オール徳島「消費者市民フォーラム」における実践発表について

 平成31年3月16日(土)に開催した輝け!オール徳島「消費者市民フォーラム」において、小松島市市民生活課の藍沢課長から、「地域で『気づき』『声かけ』『つなぐ』まちをめざして」と題して、小松島市消費者安全確保地域協議会の取組について実践発表をしていただきました。

実践発表の様子1
実践発表の様子2