やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

被災建築物解体マニュアル〔石綿(アスベスト)対策〕

 災害時において建物等の倒壊が生じた場合、多くの建物等が解体されることが予想されます。

 この解体及び解体物の運搬・処理の際に、適切な措置によって石綿の飛散を防止することを目的として、次のとおりマニュアルを作成しました。 

 

 このマニュアルは、災害時における次の2つの状況とその対策を想定しています。

状況1 : 倒壊・破損した建築物等からの、石綿の露出等による飛散のおそれ → 応急措置

状況2 : 復興活動における解体・補修・処分による飛散のおそれ → 適切な解体・補修・処分