やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

水質環境担当メニュー

水質環境担当業務の紹介

1. 水質汚濁発生源の監視測定及び調査研究

  • 工場・事業場等からの排水による水質汚濁を防止するため、採水・分析をおこなっています。

2. 公共用水域(河川・海域)の水質の監視測定及び調査研究

  • 県の測定計画に基づき、県内の河川・海域を年間を通して採水・分析を行っています。

3. 地下水の監視測定及び調査研究

  • 地下水の汚染の発見及び濃度の推移等を把握するため、採水・分析を行っています。

4. 産業廃棄物及び処理施設の測定及び調査研究

  • 産業廃棄物及び最終処分場の適正処理を監視し、周辺の環境保全を図るため、採取及び採水・分析を行っています。
  • 液体クロマトグラフ質量分析計やガスクロマトグラフ質量分析計等を使用して、微量化学物質を測定しています。
液体クロマトグラフ

環境基準、類型指定について