やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「とくしま住生活未来創造計画(第3次徳島県住生活基本計画)」について

 徳島県では、県民の住生活の安定の確保及び向上の促進に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため、住生活基本法(平成18年法律第61号)第17条第1項の規定に基づき、住生活基本計画(都道府県計画)を定めています。

 平成29年3月に、第2次徳島県住生活基本計画策定以降の急激な社会情勢の変化を踏まえ、新次元の住宅施策を展開するべく、新たな都道府県計画として「とくしま住生活未来創造計画」を策定しました。

 「災害に強い住環境の構築」「地方創生の推進」「安心して暮らせる住生活の実現」「ストック活用型市場への転換の加速」「住宅政策を支える市場環境の整備」の5つの視点から、「住みたい」「住み続けたい」と実感できる、徳島の住まい・住環境の未来を創造していきます。

社会情勢の変化を踏まえた新たな計画のポイント
計画本体と参考資料
参考資料
過去の計画
第2次徳島県住生活基本計画(平成24年3月策定)
徳島県住生活基本計画(平成19年3月策定)