やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「徳島県ユニバーサルデザインによるまちづくりの推進に関する条例」について

 徳島県では、障がいの有無や年齢、性別などにかかわらず、地域におけるすべての人が暮らしやすい社会(ユニバーサル社会)の実現を目指し、平成19年3月に「徳島県ユニバーサルデザインによるまちづくりの推進に関する条例」を制定しました。

 この条例をもとに、県民、事業者、行政が互いに協力しながら、それぞれの役割を積極的に果たし、一体となってユニバーサルデザインによるまちづくりを推進するとともに、すべての県民がそれぞれの違いや特性を互いに理解し、尊重し合いながら生活できる環境づくりに取り組んでいます。

条例の主な内容

県の責務など

 県の責務や、事業者、県民の役割を明らかにするとともに、相互に協力して、一体的にユニバーサルデザインによるまちづくりに努めることとしています。

基本指針

 ユニバーサルデザインによるまちづくりを推進するための基本的な指針を次のとおり定めています。

整備基準

 具体的な対象施設、整備基準等については「徳島県ユニバーサルデザインによるまちづくりの推進に関する条例施行規則」に定めることとしています。

 条例に基づく「事前協議」をはじめとする各手続きの様式については、こちらをご覧ください。

参考資料

徳島県ユニバーサルデザインによるまちづくりの推進に関する条例(全文)

広報資料

 「徳島県ユニバーサルデザインによるまちづくりの推進に関する条例」に基づき、生活関連施設の整備基準を定めた「徳島県ユニバーサルデザインによるまちづくりの推進に関する条例施行規則」の施行にあわせ、条例の概要や、対象となる施設、主な整備基準等を掲載したパンフレットを平成19年9月に作成しました。

「とくしまユニバーサルデザイン推進マニュアル」について

「ユニバーサルデザインによるまちづくり適合証」について

ユニバーサルデザインによるまちづくり適合証交付施設一覧

「とくしまユニバーサルデザインマップ」について

「人にやさしいイベント実践マニュアル」について