やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

週報ー徳島県感染症発生動向調査ー

2019年49週(12月2日~12月8日)週報(12月11日集計)

警報・注意報

「咽頭結膜熱」:吉野川保健所管内で、警報レベルを超えています。

「伝染性紅斑」:徳島保健所管内で、警報レベルを超えています。

「水痘」:阿南保健所管内で、注意報レベルを超えています。

感染症警報・注意報レベル情報ー徳島県感染症情報ーはこちら

今週のコメント

「インフルエンザ」:報告数は県内全域で増加しています。年齢別では、15歳未満の若年層を中心に、幅広い年齢層から報告されています。不要な人混みへの外出は控え、手洗いの励行、十分な睡眠・休養等、体調管理に気をつけてください。

全数把握疾患について

全数把握疾患の発生状況
疾患分類 届出状況
一類感染症 届出はありません。
二類感染症 「結核」2 件
三類感染症 届出はありません。
四類感染症 「レジオネラ症」1件
五類感染症 「侵襲性肺炎球菌感染症」1件、「百日咳」1件

定点把握疾患について

・インフルエンザ定点

定点あたり報告数
今週 前週 2週間前
5.8 1.1 0.9

・小児科定点

上位3疾患の定点あたり報告数
疾患名 今週 前週 前週からの増減
感染性胃腸炎 4.2 3.2 +1.0
咽頭結膜熱 1.5 1.2 +0.3
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 1.1 0.9 +0.3

・眼科定点:流行性角結膜炎2件

・基幹定点:マイコプラズマ肺炎6件

関連資料

・週報

 ※週報のPDFでは,全数把握対象疾患の報告数,定点把握対象疾患(インフルエンザ定点,小児科定点,眼科定点等)の報告数及びその推移をご覧いただけます。


これまでの週報(過去3か月間)


関連ページ