文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

新型コロナウイルス感染症に係る注意喚起等について

新型コロナウイルス感染症の「第9波」対策として、県民の皆様に注意喚起を行うため、以下のとおりお知らせします。

県独自基準による注意喚起メッセージ(現在は「警戒」です。)(令和6年2月22日時点)

※原則として毎週木曜日夕方更新(徳島県感染症情報センターの更新に合わせて更新します)

0222時点注意喚起メッセージ(現在は「警戒」)

注意喚起メッセージ「警戒」を継続しています。

以下のホームページ等も参考に、改めて、手洗い、換気といった、感染防止対策の徹底にご配慮をお願いします。

令和5年度今シーズンのインフルエンザ総合対策について(厚生労働省ホームページ)

※上記のメッセージは各自の感染対策に役立てていただくため、注意喚起の一環としてお示しするものであり、何らかの行動制限をお願いするものではありません。

注意喚起メッセージ作成にあたっての考え方等については以下のPDFファイルをご覧ください。

(参考)直近の定点あたり報告数
直近2週間の定点あたり報告数です。
2024年第7週(2月12日~2月18日) 2024年第6週(2月5日~2月11日)
定点あたり報告者数(県内) 10.86 14.57

感染状況の全国との比較及び入院病床の状況について(令和6年2月26日時点)

※原則として毎週金曜日夕方更新(祝日等の理由により、金曜日に厚生労働省のデータが公表されない場合は、更新を延期することがあります)

直近1ヶ月の定点あたり報告数
県内と全国の直近1ヶ月の定点あたり報告数です。
2024年第7週(2月12日~2月18日) 2024年第6週(2月5日~2月11日) 2024年第5週(1月29日~2月4日) 2024年第4週(1月22日~1月28日)
定点あたり報告者数(県内) 10.86 14.57 15.22 16.32
定点あたり報告者数(全国) 10.10 13.75 16.15 14.93

※県内の状況について、詳しくはこちらの徳島県感染症情報センターのページをご確認ください。

※全国の状況について、詳しくはこちらの厚生労働省の報道発表資料のページをご確認ください。

(参考)定点当たり報告数の推移グラフ(令和4年10月3日~)

定点あたり報告数グラフ(2024年第7週まで)

※上記のグラフのバックデータのうち、令和4年10月3日~令和5年5月7日までのデータについては、HER-SYSデータに基づく定点医療機関からの患者数の参考値であり、厚生労働省のホームページにおいて令和5年5月19日に公開されたものを使用しています。詳しくはこちらのリンク先をご覧ください。

※令和5年5月8日以前の県内の陽性者の発生状況等についてはこちらのリンク先をご覧ください。

入院患者受入病床の状況

直近1ヶ月の入院患者受入病床の状況(10月1日~)
集計日 入院者の総数(人) うち重症者数(人)
2月21日時点 167 0
2月14日時点 210 1
2月7日時点 254 3
1月31日時点 213 6

国において病床確保の方針が変更され、10月1日以降、都道府県においては、重症・中等症2患者等を対象とした病床の確保のみを行うこととなりました。

これに伴い、確保病床数等の考え方も変更となったことから、10月以降については入院者の総数と重症者数のみを表示しています。

なお、入院患者受入病床の詳細な状況については、厚生労働省の療養状況等及び入院患者受入病床数等に関する調査についてのページをご覧ください。


県民の皆様へ

  • 感染対策は個人の判断が基本となりますが、新型コロナウイルス感染症に限らず、様々な感染症の予防に、手洗いや換気といった基本的な対策が有効です。改めてのご配慮をお願いします。
  • 医療機関や高齢者施設の訪問時など、適切な場面でのマスクの着用が推奨されています。
  • 新型コロナ陽性となった場合は、発症日(無症状の場合は検体採取日)を0日目として、5日間かつ症状軽快後24時間経過するまでの間、外出を自粛することが推奨されています。
  • 外出自粛中にやむを得ず外出する場合は、症状が無いことを確認した上で、マスク着用をはじめとする感染対策をお願いします。
  • 発熱などの体調不良時に備えて、日頃から、医療用抗原検査キットや解熱剤等の医薬品、衛生用品、5日分程度の食料などを準備しておくと安心です。
  • 外来ひっ迫の一因となる恐れもありますので、検査結果の証明や、診断書を取得するためだけの医療機関受診はお控えください。