やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

特定毒物使用者について

主な手続きを掲載しておりますが、このほか手続きを行う場合は、薬務課へご相談ください。

新規申請

下記の特定毒物について使用者としての指定を受けようとする者は、薬務課へ申請が必要です。

(a)燐化アルミニウムとその分解促進剤とを含有する製剤

(b)ジメチルエチルメルカプトエチルチオホスフエイトを含有する製剤

(c)四アルキル鉛を含有する製剤

(d)モノフルオール酢酸アミドを含有する製剤

(e)モノフルオール酢酸の塩類を含有する製剤

【申請書類(a),(b),(c),(d)】

1.申請書

2.営業のために倉庫を有する者にあっては、倉庫の構造の概要図

3.特定毒物貯蔵設備の位置及び構造の概要図

4.(申請者が法人の場合)登記事項証明書

5.(申請者が個人の場合)申請者の履歴書

【申請書類(e)】

1.申請書

2.森林の区域又は倉庫の概要図

3.特定毒物貯蔵設備の位置及び構造の概要図

4.(申請者が法人の場合)登記事項証明書

5.(申請者が個人の場合)申請者の履歴書

変更届

次の内容を変更した場合、30日以内に届出が必要です。

・氏名又は住所

・森林の区域又は倉庫の概要図

・特定毒物貯蔵設備の位置及び構造の概要図

【申請書類】

1.変更届

2.添付書類

 (a)申請者の氏名及び住所の変更

  戸籍謄本、戸籍抄本または戸籍記載事項証明書(法人の時は登記事項証明書)

 (b)構造設備の主要な部分の変更

  変更後の図面

廃止届

特定毒物使用者の指定を廃止した場合には、廃止から30日以内に廃止届の提出が必要です。

【申請書類】

1.廃止届

2.現在持っている特定毒物使用者の指定証

3.特定毒物所有品目及び数量届(廃止時に所有する特定毒物がある場合はあわせて提出してください)

*3は、特定毒物使用者の指定が失効した場合であって、現に所有する特定毒物がある場合に必要な届出です。
 失効後15日以内に届出が必要です。