やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

業務の概要

普及指導活動の方針

 海部郡(牟岐町,美波町,海陽町)の農業・農村の現状としては,過疎高齢化が進み,農業労働力が脆弱なものとなり,産地規模の縮小や農村機能の低下が顕著となっています。

 また,遊休農地や耕作放棄地が増加しており,担い手の育成確保と担い手への農地集積が喫緊の課題となっています。

 一方,施設キュウリ産地の維持拡大を図るため「きゅうりタウン構想」を推進し,新規就農者が増加や,新たに6次産業化に取り組む農業者が出てくるなどの成果が見られます。

 この動きをいっそう加速させるため,美波農業支援センターでは,「担い手づくり」「産地づくり」「地域づくり」の3本柱で地域の課題解決に取り組むこととし,町やJAなどとの強い連携のもと,県の施策方針である「徳島県食料・農林水産業・農山漁村基本計画」や「未知への挑戦!徳島行動計画」,「協同農業普及事業の実施に関する方針」を踏まえ,普及事業を強力に展開します。

普及計画(令和2年度~令和4年度重点課題)

【担い手づくり】

1.地域を守る担い手の確保・育成

(1)中核となる担い手への支援

(2)多様な担い手の確保・育成

【産地づくり】

2.「きゅうりタウン構想」の実現に向けたさらなる展開

(1)「きゅうりタウン構想」の新たな展開(セカンドステージ)による産地活性化

3.広域的構造改革による園芸産地の生産振興

(1)地域連携による産地の維持拡大

【地域づくり】

4.海部型6次産業化の推進

(1)支援体制の構築及び6次産業化の推進

(2)実生ユズをモデルとした「海部型6次産業化モデル」の作成

活動体制

1 農業支援・六次化推進担当
国・県の施策や事業の事務を担当し,その有効活用に努め,主に担い手づくり,地域づくりに取り組む。
2 海部プロジェクト担当
技術指導を基本とし,「きゅうりタウン構想」の実現など,産地づくりに取り組む。
普及指導活動体制図

令和元年度の活動実績

管内の農業紹介

技術情報

所在地 〒779-2305 海部郡美波町奥河内字弁才天17番地の1 南部総合県民局美波庁舎

Copyright©2012農業支援センター.AllRightsReserved.