やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成29年度徳島県の財務書類について(統一的な基準)

 徳島県では、県の財務状況を、より分かりやすく、正確に県民の皆様にご理解いただくため、平成19年度決算から「新公会計制度(総務省方式改訂モデル)」に基づく財務書類4表(普通会計ベース)を、作成・公表し、平成20年度決算からは、公営事業会計を含めた県全体の財務書類4表や、第三セクター等といった県の行政サービスを実施している関係団体を含めた連結財務書類4表も作成しています。これにより、公的資金等によって形成された資産の状況、その財源とされた負債・純資産の状況、さらには行政サービス提供に要したコストや資金収支の状況などを、普通会計、県全体、連結それぞれで明らかにすることができるようになりました。

 さらに、平成28年度決算からは、固定資産台帳の整備と複式簿記の導入を前提とする新たな「統一的な基準」による財務書類等を作成・公表しています。

  • 平成29年度徳島県の財務書類(概要版)
  • 平成29年度徳島県の財務書類