やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

徳島県宝くじのページ

 宝くじは、徳島県内の売場でお買い求めくださるようお願いします。

 徳島県内でお買い求めいただきました宝くじの収益金は、徳島県のために使われます。

宝くじについて

 宝くじは、「当せん金付証票法(昭和23年法律第144号)」に基づき、47都道府県と20政令指定都市が発売団体となり、発売しています。

(徳島県内で発売される宝くじ)

・全国自治宝くじ(外部サイト:宝くじ公式サイト)
ジャンボ宝くじ、数字選択式宝くじ(ナンバーズ・ロト・ビンゴ)等、全国で発売される宝くじ。
・西日本宝くじ(外部サイト:西日本宝くじ公式サイト)
幸運の女神くじ等、中国・四国・九州地方で発売される宝くじ。

宝くじの購入について

宝くじの収益金について

 宝くじは、大きな夢を買っていただき、お楽しみいただくと同時に、その収益金は私たちのくらしに役立てられています。

 徳島県内の売場で販売された宝くじの売上金のうち、約40%は「収益金」として徳島県の貴重な収入となり、高齢化少子化対策、国際化の推進、芸術文化の振興、防災災害対策、地域経済活性化、環境保全対策などの事業に使われています。

 また、市町村振興くじであるサマージャンボ宝くじやハロウィンジャンボ宝くじの収益金については、全額が市町村分として公益財団法人徳島県市町村振興協会に交付され、県内の市町村振興のために使われています。

  • 徳島県の宝くじ収益金の推移
  • 徳島県の宝くじ収益金を活用した事業(平成29年度事業例)
◎「譲渡交流拠点施設」整備事業
助けられる犬・猫の殺処分ゼロを目指し、更なる譲渡の推進を図るため、平時にはボランティアが主体となり企業や団体などと連携しながら譲渡を推進していくための「活動拠点」として、また、災害時には被災動物を助ける「救護シェルター」として、リバーシブルに活用できる譲渡交流拠点施設「きずなの里」を整備しました。
◎産業教育施設整備事業
社会の変化に対応した産業教育の充実を図るため、県立高校において必要な実験・実習設備を整備しました。
◎交番・駐在所等整備事業
地域防犯力の向上と活動拠点の強化のため、老朽化の著しい交番の建替えや商業ビルへのテナント化、老朽化した駐在所のリフォームを行いました。