やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

徳島県宝くじのページ

 宝くじは、徳島県内の売場でお買い求めくださるようお願いします。

 徳島県内でお買い求めいただきました宝くじの収益金は、徳島県のために使われます。

宝くじについて

 宝くじは、「当せん金付証票法(昭和23年法律第144号)」に基づき、47都道府県と20政令指定都市が発売団体となり、発売しています。

(徳島県内で発売される宝くじ)

・全国自治宝くじ(外部サイト:宝くじ公式サイト)
ジャンボ宝くじ、数字選択式宝くじ(ナンバーズ・ロト・ビンゴ)等、全国で発売される宝くじ。
・西日本宝くじ(外部サイト:西日本宝くじ公式サイト)
幸運の女神くじ等、中国・四国・九州地方で発売される宝くじ。

宝くじの購入について

宝くじの収益金について

 宝くじは、大きな夢を買っていただき、お楽しみいただくと同時に、その収益金は私たちのくらしに役立てられています。

 徳島県内の売場で販売された宝くじの売上金のうち、約40%は「収益金」として徳島県の貴重な収入となり、高齢化少子化対策、国際化の推進、芸術文化の振興、防災災害対策、地域経済活性化、環境保全対策などの事業に使われています。

 また、市町村振興くじであるサマージャンボ宝くじやハロウィンジャンボ宝くじの収益金については、全額が市町村分として公益財団法人徳島県市町村振興協会に交付され、県内の市町村振興のために使われています。

  • 徳島県の宝くじ収益金の推移
宝くじ収益実績表
  • 徳島県の宝くじ収益金を活用した事業のご紹介(平成30年度事業例)
◎県立学校スポーツ施設レガシー創出事業
スポーツを通じた地域の活性化を図るため、県立高校において、アーチェリーなどの3競技施設の一体整備を行いました。
アーチェリー場(写真)
外観(写真)
◎交番・駐在所等整備事業
地域の警察活動拠点である交番・駐在所施設の老朽化の解消と地域の防災拠点としての機能を強化するため、建替やリフォームを行いました。
交番(写真)
◎県運動公園等体育施設管理事業
県民のスポーツ振興を図るため、徳島県蔵本公園プール(JAバンクちょきんぎょプ―ル)の競泳用自動審判計測時システム(タッチプレート)を整備しました。
プール(写真)
競泳用自動審判時システム(写真)

これらのほかにも

・子ども、子育て支援

・博物館、美術館、図書館の整備及び運営

・学校、道路、河川等の整備などにも役立てられています。