やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

環境に配慮した土木事業の推進

環境に配慮した土木事業の推進に向けて

土木事業は,より良い環境作りに欠くことのできないもので,自然や人々の暮らしに深く関わっています。

そこで,工事から起こる環境への負荷を軽減しつつ,併せて質の高い環境を保全・創出するため,次のような取り組みを進めています。

公共事業環境配慮指針の策定

地域の環境と調和を図り,環境への負荷の少ない公共工事を進めるため,整備にあたって踏まえるべき視点,配慮することが望ましい具体的な目標と方法,関連する環境技術や情報などを収集した技術的な手引き書を平成16年9月に策定しました。

土木環境共生事業の実施

これまで進めてきた土木施設の本来的な機能を保ちつつ,県民が「やすらぎ」等を覚えるような景観や自然とふれあいに満ちた空間を提供するなど,快適で質の高い基盤施設の整備を推進しています。

宮川内谷川(土成町) 
宮川内谷川(土成町)ビオトープ公園と階段式落差工 
宮川内谷川(土成町)ビオトープ公園