やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

徳島県の糖尿病の現状と対策

 糖尿病は生活習慣病の中でも代表的なもので,脳卒中や心筋梗塞などの合併症を引き起こすとともに,失明や腎不全などの原因ともなる重大な疾患です。

 徳島県では,平成5年から平成16年にかけて,12年連続して「糖尿病死亡率全国ワースト1位」が続いていました。そこで,県は,平成17年11月に県医師会と共同で「糖尿病緊急事態宣言」を行い,県民の皆様に対して注意を喚起するとともに,平成18年1月には,「みんなでつくろう!健康とくしま県民会議」を設立し,県民総ぐるみによる健康づくりに関する取り組みを進めています。平成19年には糖尿病死亡率は全国ワースト7位と改善傾向がみられたものの,平成20年から平成25年にかけて,またもや連続で「全国ワースト1位」となりました。その後,平成26年から平成28年にかけて,ワースト1位を脱却していましたが,平成29年は再び「全国ワースト1位」となりました。平成30年はワースト2位と,若干改善しましたが,令和元年は再び「全国ワースト1位」となり,糖尿病死亡率の高い状態が続いています。

 糖尿病対策は,行政・関係機関・関係団体等で連携を図りながら,県民一人ひとりが取り組む必要があります。今まで以上に取り組みを強化し,皆が一体となって,徳島県の糖尿病克服対策を進めていきましょう。

糖尿病粗死亡率の推移(徳島県・全国)

糖尿病の取組については,下記を御覧ください。