やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

保健科学担当メニュー

保健科学担当の業務内容

1.食中毒の原因微生物検査

徳島県食品衛生監視指導計画に基づき,食中毒原因物質に係る細菌検査及びウイルス検査を行っています。

食中毒の細菌検査
食中毒のウイルス検査

<食中毒の細菌検査>

細菌(腸管出血性大腸菌やカンピロバクター等)による食中毒の原因検索を行っています。

<食中毒のウイルス検査>

ノロウイルス等による食中毒の原因検索を行っています。

2.感染症の原因微生物検査

徳島県発生動向調査事業に基づき,感染症原因物質に係る細菌検査及びウイルス検査を行っています。

感染症の細菌検査
感染症のウイルス検査

<感染症の細菌検査>

VNTR法により結核菌の分子疫学的解析等を行っています。

<感染症のウイルス検査>

感染症のウイルス分離試験や遺伝子検査を行っています。

3.感染症情報センター

県内各保健所に届けられた医療機関からの感染症情報をもとに,感染症に関する情報の解析・提供を行っています。

徳島県感染症情報センターのホームページでは,徳島県内の感染症の発生動向について定期的に情報発信しています。

 

徳島県感染症情報センターのホームページ

感染症情報センター

4.調査研究

これまでの調査研究
題目 研究期間
徳島県における結核菌の分子疫学的解析に関する検討 平成27年度~平成28年度
日本紅斑熱リケッチア遺伝子迅速検査法の検討およびマダニからの日本紅斑熱リケッチアの検出 平成25年度~平成26年度
呼吸器系感染症における原因微生物の迅速検査法の検討 平成23年度~平成24年度
食品由来感染症調査における分子疫学手法に関する研究 厚生労働科学研究
徳島県の一部地域に生息するネコに関するコリネバクテリウム・ウルセランスの保有状況調査 厚生労働科学研究
徳島県における小児のヒトボカウイルス感染症の罹患状況 平成22年度~平成23年度
徳島県における感染性胃腸炎原因菌の病因菌種別DNA解析 平成21年度~平成22年度

5.研修

食品衛生や感染症に関わる業務を担当する職員や検査を担当する職員を対象に,毎年研修会(新任食品衛生監視員研修会など)を実施しています。