やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

阿波尾物語第2回

阿波尾鶏物語-開発からブランド確立まで-

第2回 生産普及と販売促進

徳島県立農林水産総合技術センター畜産研究所

養豚養鶏担当 専門研究員兼科長 澤 則之

生産・流通の組織づくり

阿波尾鶏の生産・流通体制は、<図1(PDFファイル)>のとおりで平成元年度から現体制を維持してきました。全体の生産・販売計画は、県養鶏協会を事務局とする「阿波尾鶏ブランド確立協議会」が統括し、この協議会は、県畜産課、畜産研究所、全農、食鶏処理加工業者、孵化業者、食肉加工業者で構成され、当協議会規約に基づき阿波尾鶏生産出荷体制の整備と消費拡大対策を推進するとともに、阿波尾鶏のブランド確立に資する目的で連携を密に取り合い活動してきました。

県では、活力ある農林水産業の振興として徳島ブランドづくりのトップブランドの位置づけとして、阿波尾鶏の生産・販売促進を推進しています。

畜産研究所は、阿波尾鶏の父系種鶏である阿波地鶏(赤笹系軍鶏)の系統維持のため毎年約2,000羽のひなを餌付けし、雄70羽、雌700羽を選抜・維持しています。また、阿波尾鶏の雌系種鶏は、ホワイトプリマスロックを使用しているため、阿波尾鶏の性能(生産性・肉質・喧噪性等)に影響を与える可能性があり、同種鶏の特徴や能力が年々改良されていることから阿波地鶏との相性検定を実施しています(表1、表2)。阿波尾鶏安定生産のため、飼育管理技術の確立試験を実施するとともに飼養農家の指導も行っています。

雄系種鶏の阿波地鶏は、2戸の原種農家で増殖しています。畜産研究所から原々種鶏の種卵を養鶏協会通じて供給し、約1,500羽のひなを餌付けし、雄50羽、雌240羽を選抜し飼育しています。原種鶏の維持経費及び選抜に至るまで、当協議会が管理・運営を行っており、他に類を見ない組織であると思います。当然のことながら、原種農家の所得保障も協議会がしています。

阿波尾鶏のひなは、8戸の種鶏農家(28,600羽飼養)で生産される種卵を2社の孵化場で孵化され供給しています。従来から阿波尾鶏のトレーサビリティーシステムを導入する試みとして種鶏から出荷鶏に至るまでの生産を当協議会へ毎月1回報告することになっています。協議会の会員でなければ、阿波尾鶏のひなが供給されない仕組みとなっており、ひなコストは、高くなりますがブランドの維持には欠かせないシステムと思われます。ひなの発注も協議会を通じて2社の孵化場へしています。

阿波尾鶏とブロイラーの比較

注1)肉食(L・a・b)=肉食を測定した「色差計」で使用する尺度

:Lの数値が大きいほど明度が高い、すなわち明るい

:aの数値が大きいほど赤の度合いが大きく、小さいほど緑の度合いが大きい

:bの数値が大きいほど黄の度合いが大きく、小さいほど青の度合いが大きい

注2)K値=鶏肉の鮮度判定として確立された鮮度指標

:鶏肉中のATP(アデノシン三リン酸)は死後分解することにより、高次分解物であるHxR(イノシン)、Hx(ハイポキサンチン)へと分解していく。HxRとHxの生成度合からK値を算出する。従ってK値が小さいことは分解物であるHxRとHxの量が少ないことを意味し、この値が小さければ小さいほど、鮮度が良いことを示す

阿波尾鶏の能力

平成2年から本格出荷、現在年間180万羽の生産へ

阿波尾鶏の生産は、平成2年度から本格的に生産され、平成14年度までの生産羽数の推移は、(表3)のとおりで、明石大橋が開通した平成10年度から需要が急速に伸びて60万羽を越え、その後も順調な増加が見られ、全国の地鶏の中では全国1位の地位になりました。阿波尾鶏生産農家は、41戸で県西部・南部の小規模経営農家が中心であり、食鳥処理場がひな及び飼料等供給し、所得保障する形式のローカルインテグレーションであります。当協議会規約に基づき飼育方法及び飼育期間について統一された飼育を実施しています。また、飼育期間が80~85日で、鶏舎の回転が年3回(ブロイラーは4.5回)であり、1m2当たりの飼育羽数もブロイラー14羽に対して8羽と薄飼いであることなどの制約していますが、鶏糞処理等の労働軽減が老齢化する小規模生産者にとっては、好条件で増加傾向にあります。また、熟達した飼育技術が要求される地鶏の飼育には、老練な小規模生産者が適していると思われます。生産当初は、軍鶏の喧噪性による生産性低下(死廃羽数増加、増体性低下、肉の格落ち等)が問題になりましたが、協議会で議論を重ね、現在の飼養形態とすることで安定生産されるようになりました。

阿波尾鶏生産状況の推移

量販店、外食など幅広い販略を

生産された阿波尾鶏は、県内2食鳥処理場へ出荷され、販売業者を通じ主に京浜地方に出荷されています。販売当初は、処理した肉を冷凍するのがほとんどでありました。各処理場の販売員が我慢強く、店頭での試食販売など実施しました。現在の主な販売は、当協議会会員からの推薦をもとに販売指定店を認定し、販売の拠点としています。県外販売活動により、県外指定店が増加し現在340店舗となっています。また平成14年度地域別販売の割合は、京浜(47.6%)阪神(26.7%)中四国(17.1%)徳島県内(8.6%)となっています。(図2) 各処理場の販売戦略は、業者が独自に展開しています。デパートやスーパー等に正肉とし販売する業者とファミリーレストランや居酒屋に卸す業者で異なる路線を走り、お互いが認めあいながら販売展開をすることにより、販路が広くなったと思われます。パンフレット作成(写真1)等の販売促進グッズは、当協議会で長時間にわたる協議が行われ、阿波尾鶏のイメージにあった販促資材を作成しているところも各業者の熱意が伝わってきます。

(図2) 阿波尾鶏の出荷先別羽数
阿波尾鶏
【阿波尾鶏】
阿波尾鶏ポスター
【(写真1)阿波尾鶏ポスター】
オリジナルサイト表示