やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

業務の概要

普及指導活動の方針

 三好農業支援センター管内は、四国の中央部に位置し、耕作地は、標高50mから1,000mの地域にまで分布し、平野部は、地域の三方を山に取り囲まれた盆地気候であり山間部は夏期でも涼しい気象条件にあります。
農業地域類型では田畑タイプの中間農業地域と畑地タイプの山間農業地域に該当し管内全域が中山間地域になっています。
当地域は、かつて夏秋野菜、山間野菜として有数の産地でしたが、鳥獣被害の増加、高齢化・担い手不足等厳しい状況であり、産地活力の低下、集落機能や地域資源の維持にも影響が生じており、中山間地の特色を活かした農業の展開を通して、地域農業の活性化を図る必要があります。

 このような中、「いけるよ!徳島・行動計画」や「徳島県食料・農林水産業・農山漁村基本計画」、「徳島県西部圏域振興計画(第3期)」の実現を目指し、3か年の「基本計画」と各年度における「単年度計画」で構成する「普及指導員行動計画」を策定しています。そして、次に掲げる課題について各種事業を活用し、関係機関と連携しつつ、重要度・緊急度の高い課題を「重点課題」として位置づけて、計画的かつ効率的な普及指導活動を展開します。

農業の成長産業化

  • 新成長ビジネスの展開
    1. 挑戦するとくしまブランドの展開
    2. 6次産業化の促進
    3. 海外展開の促進
    4. アグリサイエンスゾーンの構築
  • 次代を担う人材育成
    1. 農業の担い手育成及び確保
  • 農業の競争力強化
    1. 水田農業の振興
    2. 園芸農業の振興
    3. 食料供給機能の強化
    4. 安全・安心な食料の安定的な供給
    5. 食育・地産地消の推進

活力ある農山村の創出

  • 都市農村交流と移住・定住の促進
  • 鳥獣による被害の防止

災害に強い農業の展開

  • 南海トラフ・直下型地震への対応
  • 自然災害への対応

普及計画(重点課題 平成29年度~平成31年度)

  • 地域特産物の産地育成
    1. ブロッコリー安定生産技術の普及
    2. 夏秋なすの安定生産に向けた技術支援
    3. いちごの産地支援
    4. はれひめの産地育成
    5. 雑穀の栽培推進
  • 地域を支える担い手の育成
    1. 地域の担い手となる経営体の育成
    2. 新規就農者及び青年農業者の育成
  • 農山村地域活性化への支援
    1. 農家民宿等の育成・拡大
    2. 農福連携による農業生産活動への取組推進
    3. 地域資源を活用した6次産業化の支援

活動体制

 管内1市1町(三好市、東みよし町)を対象に農業支援担当(地域振興・担い手育成)、ブランド推進担当(産地振興)の2担当制とし、市町・JA等関係機関・団体と連携を図りながら、効果的な普及活動を展開します。

 また、農林水産総合技術支援センターの各課と連携し、高度な専門技術や現地での問題の対処について対応するとともに、補助事業の活用などとあわせた総合的な活動を行います。

活動体制

活動の紹介

管内の農業紹介

技術情報

お問い合わせ先

所在地 〒778-0002 三好市池田町マチ2415 西部総合県民局三好庁舎

Copyright2012農業支援センター.AllRightaReserved.