やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

日野谷発電所

公営電気の発電所の中では最大の水力発電所です。(※揚水発電を除く)

【日野谷発電所】の画像
【日野谷発電所】

日野谷発電所は、長安口ダムの貯水を発電利用するもので昭和30年11月一部運転を開始、昭和32年2月全運転を開始しました。最大出力62,000kW、常時出力14,400kWのダム水路式発電所であり、総合管理推進センターから遠隔監視制御しています。

諸元

【発電機】の画像
【発電機】
設置場所 那賀郡那賀町日浦
発電機台数 3台
【回転子コイル】の画像
【回転子コイル】
  
【水車ランナ】の画像
【水車ランナ】
◆水車緒元
形式 縦軸フランシス
回転数 360rpm
使用水量 23m3/s
◆発電機緒元
形式 縦軸回転界磁型交流三相同期
容量 24,000kVA
回転数 360rpm
電圧 11,000V
力率 87.5%
周波数 60Hz

長安口ダム

【長安口ダム】の画像
【長安口ダム】

長安口ダムは、那賀川河川総合開発事業の主体として建設したもので洪水調節、かんがい、上水道、工業用水及び発電等の多目的ダムです。

洪水調節についてはダム地点での計画洪水量6,400m3/秒のうち1,000m3/秒をカットすることができます。また、このダムには、昭和49年度にダムゲート制御装置を設置して、ダム地点の流入量に即応したダムゲートの開閉操作ができるようになっています。

下流への放流警報については、昭和47年度に無線操作による警報設備が完成し、下流放流警報に万全を期しています。

平成19年4月1日より国土交通省四国地方整備局が直轄管理しています。

経緯