やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

「事業継続力強化支援計画」の認定について

概要

近年、小規模事業者の事業活動に大きな影響を及ぼす自然災害が多発している状況を踏まえ、小規模事業者の自然災害等への事前の備え、事後のいち早い復旧を支援するため、「中小企業の事業活動の継続に資するための中小企業等経営強化法等の一部を改正する法律(中小企業強靱化法)」(令和元年法律第21号)が施行されました。

この法律の中で、「商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律」(以下、「小規模事業者支援法」という。)の一部を改正し、小規模事業者の事業継続力強化の取組を商工会又は商工会議所が市町村と共同で支援していくこととなり、自然災害等の事業継続リスクへの対応能力の強化に向けた事業継続力強化支援計画の認定制度が創設されました。

この制度は、県内の商工会又は商工会議所が、その地区を管轄する市町村と共同して小規模事業者の事業継続力強化を支援するための計画を作成し、県知事がその計画を認定するというものです。

徳島県版の申請ガイドラインを作成し募集を行ったところ、令和元年度は次の3件の計画を認定しました。

認定計画について

○小松島商工会議所・小松島市

○石井町商工会・石井町

○美波町商工会・美波町

申請ガイドライン

令和元年度の徳島県申請ガイドラインはこちら