文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

青少年育成徳島県民会議について

お知らせ

青少年育成徳島県民会議

青少年育成運動のはじまり

青少年の健全な育成を目指す県民運動の推進母体となる「青少年育成徳島県民会議」が結成されたのは昭和41

年です。

昭和40年、中央青少年問題協議会が総理大臣に提出した「青少年非行対策に関する意見具申」で、年々増加し

ていく当時の青少年非行の実態を憂い、行政による総合的な対策の必要性と青少年の非行問題解決のためには国

民的な協力が必要であることが強調されました。

この意見具申がきっかけとなり、政府は国民運動の提唱を閣議決定し、これをもとに、昭和41年に青少年育成

徳島県民会議が結成されました。

これが、青少年育成運動のはじまりと言えます。

青少年育成徳島県民会議の概要

目的 青少年問題の持つ重要性にかんがみ、広く県民の意見を結集し行政施策と呼応して、次代の郷土を担う青

少年の健全な育成を図ることを目的としています。

会長 徳島県知事飯泉嘉門

組織 県民会議は、行政、民間を問わず、広くいろいろな機関や団体、個人に会員になっていただいております。

正会員とはこの会の目的に賛同して入会した個人・団体・関係機関のことを、賛助会員とは、この会の目的に賛

同し、特別の援助、協力をしていただく個人・団体のことを言います。

事業費 当県民会議に要する事業費は、国・県の補助金及び賛助会員会費等でまかなわれております。

令和3年度事業計画

青少年育成徳島県民会議規約

正会員

市町村民会議

賛助会員になってください

青少年育成徳島県民会議は、国や県からの補助と「賛助会員」からの会費により、青少年の健全育成のための

事業を行っています。

賛助会員の皆様には、賛助会費等により実施することのできた事業内容をお知らせする情報誌や、広報・啓発

リーフレットをお送りしています。

また、賛助会員の皆様は、県民会議が開催する大会等に参加し、積極的に青少年の健全育成のための活動を行

うこともできます。

明日の郷土を担う青少年の健全育成のため、多くの方々のご加入をお願いいたします。

個人会員:一口2千円

法人会員:一口1万円