やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

被災時こそお口のケア~口腔保健支援センターより~

~口腔保健支援センターより~

災害がおこると避難物資等が届くのに3日以上かかることもあります。

避難所では水が確保出来ないことも多いので、お口の手入れができないままになります。

さらに避難所生活では食事内容の変化や、疲労、ストレスなどで口の中の状態が悪くなりがちで、体調をくずしたり肺炎等もおこしやすくなります。

高齢の方や体調を崩した方

体力が落ち口の中の汚れが悪化し、誤嚥性肺炎などをおこしやすくなります

小さいお子さん

食生活の大きな変化でむし歯などの歯の病気がおこりやすくなります。

子どものむし歯は進行が早く、腫れや痛み、さらに発熱などの症状がでることがあります。

うがいのできない小さいお子さんは、拭き取りや、なにもつけずに軽くブラッシングする方法が有効です。

糖尿病の方

糖尿病と歯周病は密接な関係があります。口腔ケア不足から歯周病が悪化し、糖尿病のコントロールがしにくくなることもあります。

また、糖尿病の方は免疫力が低いため、日頃の口の中のトラブルが悪化しやすくなります。

デンタルリンスを利用しましょう

デンタルリンスはお口のケアのために作られている洗口液です。

口の中の汚れを洗い流したり、口腔内に潤いを与える効果も期待できます。

誤嚥性肺炎とは

口の中の細菌などが誤って気管に入って肺炎を引き起こす病気です。

被災時などの体力が落ちる時こそ口の中を清潔に保つことが重要です。

洗口液を口に含みぶくぶくうがいをします。歯ブラシがあれば歯ブラシに洗口液をつけて磨きます。

非常用避難袋に入れましょう

  • 歯ブラシ
  • デンタルリンス等

入れ歯の方は必要に応じて入れ歯洗浄剤なども準備してください