やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

薬用植物園(徳島県立保健製薬環境センター)

徳島県立保健製薬環境センター薬用植物園

 徳島県は気候風土に恵まれ、野生の薬草や栽培に適した薬草が多数あります。当所では、これらを研究し薬業の振興に役立てたり、標本植物を集めて薬用植物についての正しい知識を広めるため、薬用植物園を設置しています。

 東園には、徳島県でよく使われているものを中心に約200種の薬用植物を、西園には、キササゲ、ムクゲ、バクチノキ等の木本類(→樹木のこと。木部が発達し、多年生の地上茎をもつ植物。高木と低木に分けられる。)を植栽してあります。

 

薬用植物の例

●春(3〜5月を中心に開花する薬草)

カリン、コブシ、サンシュユ、シャクヤク、ジュウニヒトエ、ツバキ、ボタン、ユキノシタ、ヤマザクラ、ライラック、レンギョウなど

●夏(6〜8月を中心に開花する薬草)

ウツボグサ、エビスグサ、オオバコ、キササゲ、ゲンノショウコ、センニンソウ、ドクダミ、ホオノキ、メグスリノキ、メハジキ、ヤマアジサイなど

●秋・冬(9〜2月を中心に開花・結実する薬草)

アキカラマツ、イヌホオズキ、ウコン、ウラジロガシ、オケラ、キンミズヒキ、クコ、ツルドクダミ、ツリガネニンジン、ハトムギ、フジバカマ、ワレモコウなど

 

東園にある管理事務所では、生薬標本、薬草写真等を展示してあり、一般の方を対象にした薬草教室を開催しています。

東園
東園
管理事務所
管理事務所
徳島県薬用植物園

【所 在 地】 徳島県徳島市庄町1丁目77番地

【開 園 日】 月曜日〜金曜日(祝日、年末年始を除く)

【開園時間】午前9時から12時まで

【入 場 料】 無料