文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

ジェネリック医薬品(後発医薬品)を知ってください

ジェネリック医薬品ってなあに?

お薬には、薬店(ドラッグストア)や、薬局の店頭などで販売されている「一般用医薬品」と、医療機関で診察を受けたときにお医者さんから処方される「医療用医薬品」があり、医療用医薬品には、「先に開発された薬(先発医薬品)」と「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」があります。

「ジェネリック医薬品」とは、先発医薬品の特許期間等が終了した後、他のメーカーが製造販売したお薬をいい、色や形が異なることがありますが、先発医薬品と同じ有効成分を含み、効き目や安全性が同等であることを厚生労働省が審査しています。

先発医薬品と同じ有効成分で、なぜジェネリック医薬品は安いの?

先発医薬品は、発売されるまでに、長い研究期間と莫大な開発費用がかかります。

しかし、ジェネリック医薬品は、先発医薬品により、すでにその有効成分の効き目や安全性が確かめられているため、研究開発費が少なくてすみます。

そのため、ジェネリック医薬品は先発医薬品より価格が安くなります。

ジェネリック医薬品を使うと、いいことってなあに?

先発医薬品と比べてお薬の価格が安いため、患者さんの自己負担が軽くなります。

さらに、お薬代が抑えられるため、国全体の医療費が改善されることが期待されています。

また、味や大きさを改善し、より飲みやすくなったものや、保存性がよくなったものもあります。

ジェネリック医薬品は、安いけれど安全なの?

ジェネリック医薬品は、国の厳しい審査をクリアしたものだけが、承認されています。

さらに、先発医薬品と同じ有効成分を含み、効き目や安全性については、これまで長年使用されてきた先発医薬品で確認されています。

また、医薬品製造工場に、都道府県が定期的に立ち入りを行い、品質が確保できているかについて確かめています。

医師が処方したお薬を、ジェネリック薬品に変えてもいいの?

処方せんに記載されているのが先発医薬品の名称であっても、処方せんに変更不可のチェック等がなければ、薬剤師が患者さんの同意のもと、同一成分のジェネリック医薬品に変更することができます。

また、処方せんに医薬品の商品名ではなく成分名が記載されている場合(一般名処方といいます)も同じようにジェネリック医薬品を選ぶことができます。

ジェネリック医薬品をもらうにはどうしたらいいの?

ジェネリック医薬品を使ってみようと思ったら、遠慮せずに主治医や薬剤師に相談しましょう。

また、市町村や協会けんぽ及び健康保険組合等が配布している「ジェネリック医薬品希望シール」を貼り付けた診察券などを受付で提示していただくことも可能です。

ジェネリック医薬品希望カード(例)厚生労働省ウェブサイトより

おもて
うら

徳島県では、ジェネリック医薬品への理解を深め、県民及び医療関係者が安心してジェネリック医薬品を使用することができるよう、学識経験者、関係団体や県民の代表からなる徳島県後発医薬品適正使用協議会を設置し、ジェネリック医薬品の普及に取り組んでいます。

後発医薬品適正使用協議会については、こちらを確認してください。

徳島県のジェネリック医薬品普及への取り組みについて

参考リンク