やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

徳島県西部圏域難病対策地域協議会

(目的)

徳島県西部圏域における難病の患者への支援体制に関する課題について情報を共有し、地域の実状に応じた体制の整備について協議を行うため、「徳島県西部圏域難病対策地域協議会」を設置する。

(組織)

協議会は、委員16名以内で組織する。

(1)難病及び小児慢性特定疾病に関する学識経験者2名

(2)関係機関・団体の代表6名

(3)関係行政機関の代表8名

(協議内容)

協議会は次のことを協議する。(協議内容は、難病患者の個人情報を扱う或いは、扱う可能性があるため非公開とする。)

(1)難病及び小児慢性特定疾病患者の在宅療養支援体制に関すること

(2)地域における各関係機関の連携体制に関すること

(3)その他必要と認められる事項に関すること