やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

徳島県消防学校のホームページー施設の紹介ー

本館

大教室、普通教室(2室)、理化学教室、講堂、職員室等

床面積2,026平方メートル(本館内には防災センター2,062平方メートルが併設されている)

消防職員、消防団員の研修教育を行う

本館
  • 災害対策活動拠点としての機能
    災害対策活動司令室、仮眠室等

宿泊棟

  • 最大宿泊数
    男性80人、女性8人

食堂、自主活動室、浴室等

床面積1,795平方メートル

消防職員、消防団員の訓練、研修期間中の宿泊施設

宿泊棟
  • 災害対策活動拠点としての機能
    災害活動要員の宿泊施設

消防訓練施設

  • A塔
    空気充填室、倉庫等
  • B塔
    訓練用煙道、燃焼実験室、倉庫等
  • C塔
    山岳救助訓練壁、消火・救助活動訓練室等

床面積計837平方メートル

消火、救助活動に必要な技術と知識を実践的な訓練から習得するための総合的な消防活動訓練を行う施設

A塔
B塔
C塔

倒壊建物等救助訓練施設

コンクリート製救出救助訓練用カルバート

地震、風水害、土砂崩れ等による建築物の倒壊現場を想定した救助訓練を行う施設

倒壊建物等救助訓練施設

水難救助訓練施設

25メートルプール(水深3メートル)

訓練監視室等

水中への転落車両からの救出や、溺水者の検索訓練、水難救助に必要な技術習得訓練を行う

水難救助訓練施設

屋外訓練施設

400メートルトラック

60トン訓練用水槽2基、訓練用消火栓等

臨時ヘリポート

消防活動に必要な体力づくり、基本的な消防機材の操作から数台の車両を使用する組織的な実戦訓練等あらゆる訓練に使用する

屋外訓練施設
  • 災害対策活動拠点としての機能
    ヘリコプター臨時離着陸場、救助物資を運ぶ大型トラックのターミナル

水防訓練施設

水防工法訓練用堤防

訓練用砂置場

模擬堤防に実際の水害を想定した水を通し、各種水防工法訓練を行う

水防訓練施設

車庫

消防車両収容

訓練用車載機材収納棚

床面積549平方メートル

訓練に使用するポンプ車、救助工作車、救急車等を格納する他、車載の訓練用資機材を保管する

車庫

体育館

屋内集配施設

屋内訓練場、体力錬成施設

床面積1,354平方メートル

消防職員、消防団員の屋内消防訓練場として利用される

体育館
  • 災害対策活動拠点としての機能
    被災地への物資、食糧等の中継集配活動の拠点