文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

県民の皆様へ 「自転車ヘルメット購入支援制度」が全市町村で申請受付中!

自転車ヘルメットの着用で、自転車事故による「交通死亡事故ゼロ」及び「負傷の軽減」を!

 令和5年4月1日施行の「改正道路交通法」により、自転車を利用する全ての方に、自転車乗車用ヘルメットの着用が努力義務となり、県や県警を始め、各関係団体の協力を得て、街頭交通キャンペーン等による自転車ヘルメット着用啓発に取り組んできたところです。

 しかし県内のヘルメット着用率については、24.5%(4月~7月平均)の低水準に止まっており、自転車事故に遭った場合に死亡する割合が高い高齢者は25.5%、自転車利用頻度の最も高い高校生は5.2%となっています。

 このような厳しい状況を早急に打開するため、8月4日から令和5年度末までを「着用強化期間」に設定し、その間の新たな「向上促進策」として、「自転車ヘルメット購入支援制度」を実施いたします。

補助制度の概要

【補助金額】
・ヘルメット購入額の2分の1(上限3,000円)を補助。

【補助対象者】※年齢はいずれも令和6年3月31日現在とする
1.65歳以上の高齢者の方
2.高校生世代(16歳~18歳)の方

【補助となるヘルメット】
以下のいずれかの安全基準を満たす新品の自転車乗車用ヘルメット
・SGマーク:一般財団法人製品安全協会が安全基準に適合することを認証
・JCFマーク:公益財団法人日本自転車競技連盟が安全基準に適合することを認証
・CEマーク:欧州連合の欧州委員会が安全基準に適合することを認証(※EN1078のみ)
・GSマーク:ドイツ製品安全法が定める安全基準に適合することを認証
・CPSCマーク:米国消費者製品安全委員会が安全基準に適合することを認証(※1203のみ)
・その他、上記に類する認証等を受けたマーク等が付されたもので、市町村長が認めるもの

※(注意)同マークが付されていても、自転車用以外のヘルメット(産業用等)は含まない。

~申請を検討している県民の皆様へ~

○補助制度の申請先は、住民票のある市町村が窓口になります。

 購入される方は、市町村への補助申請の際に必要となるので、領収書等の保管をお願いします。

 ※申請の開始時期や提出書類は、市町村ごとで異なります。詳しくは、お住まいの市町村へお問い合わせください。

 補助制度の実施市町村一覧

○補助対象期間については、「着用強化期間」が始まる令和5年8月4日以降の購入分が補助対象となります。

ヘルメットの早期購入・着用に努めてください。
※自転車死亡事故による致命傷部位の約60%が頭部。ヘルメット非着用時の致死率が着用時と比べ約2・4倍も高いことから、ヘルメットで頭部を保護することは最も重要な安全対策となります。