やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

令和2年4月17日 定例記者会見項目別

徳島県教育委員会家庭学習応援動画「とくしま まなびのサポート」について(説明)

(知事)
 次に、2番目としての 徳島県教育委員会家庭学習応援動画「とくしま まなびのサポート」についてであります。
 4月7日、特措法に基づきまして「緊急事態宣言」が7都府県に発令されました。
 しかし、「都市封鎖(ロックダウン)はしない」とされたために、対象地域から例えば徳島県へ多くの皆さん方が訪れるのではないか、あるいは帰省されるのではないか、このような想定がなされるところでありまして、県内でいわゆる感染リスクが高まる恐れがあると懸念されたところであります。
 そこで、本県では4月11日(土曜日)から再度、県立学校の一斉休業を行うこととし、市町村教育委員会へも県立学校同様の対応を要請した結果、現在、公立小・中・高等学校・特別支援学校が臨時休業となっているところであります。
 この休業期間中におきましても、児童生徒の学習に「著しい遅れ」、これが生じることのないよう、「家庭学習」を適切に課すためにも、県立学校、市町村教育委員会に対しまして、まずは文部科学省ホームページの児童生徒の円滑な家庭学習を支援する「子どもの学び応援サイト」の活用、県総合教育センターのホームページからダウンロードできる本県「独自教材プリント」等の積極的な利用をお願いしているところであります。
 さらに、これに止まることなく、新たに、徳島の誇る全国屈指の光ブロードバンド環境を活かし、休業中における児童生徒の皆さん方の家庭学習をきめ細やかにサポートするため、この度、小学1年生から中学校3年生までの全学年、並びに高校1年生を対象とし、新学年の開始時の家庭学習の進め方、旧学年の復習、さらには県教育委員会が作成したプリントとの同時活用による学習の深化、などを主眼に置いた、1本10分程度の「家庭学習応援動画」を計40本作成したところであります。私がいろいろ喋ってても分かりづらいと思います。論より証拠ということで、まずはダイジェスト版の作成動画を、ご覧いただきたいと思います。1分程度です。
 
(動画ダイジェスト版約1分)
 
 はい、ご覧をいただきました。ただいまご覧をいただいたダイジェスト版につきましては、「小学校4年生の理科」、昔皆さんもやられたと思いますけどね、温めると対流が起こる、っていうものですね。また、「小学校1年生の国語」2本を約1分程度にまとめてご覧いただきました。動画は県のホームページ内に新設をいたします「とくしま まなびのサポート」からアクセスすることができる、動画投稿サイト「ユーチューブ」の「徳島県チャンネル」において、本日15時から配信いたします。
 また、動画を閲覧するにあたっては、IDやパスワードを必要としませんので、児童生徒はもとより、保護者の皆さん方もご一緒にいつでも簡単にご覧をいただくことができます。
 この後、県立学校もとより、市町村教育委員会を通じまして各学校に周知していく予定としており、休業期間中の学習ツールとしてご活用していただくことができますよう、児童生徒の皆様方へしっかりとお伝えして参りたいと考えております。