やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

令和2年3月27日 定例記者会見項目別

新型コロナウイルス感染症対策について(質疑)(その2)

(毎日新聞社)
 4月から入学式のシーズンになると思うんですけど、コロナ感染症で自粛を要請するとか、それを検討するとか、今の時点でそういうお考えはあるのか。

(知事)
 この点については、文部科学省の方からすでに通知がなされているところでありまして、徳島県の教育委員会におきましても、まず入学式、こうしたものについては、予定どおりやっていくと。ただし先ほどから申し上げてる三つの「密」を防ぐと。つまり、「密集」、「密接」、そして、「密閉」。この三つね。ということで、文部科学省の方からマスク。これを自分の家でも、今、マスクが不足してるということがあって、自分の家でマスクを作りましょう、皆で作りましょうっていう、動画でもね、実はこれが寄せられるところでありまして、だから、そうした形で、「自己防衛」、こうしたものをしっかりとする中で対応していく、いわゆる「行為規範」をしっかりともって対応すると。これは当然学校サイド、あるいは保護者の皆様方にご理解いただくと。
 そして、できればストレスがあるっていう声をね、よくマスコミの映像を通じて私も子どもさん達の声を聞いていますけど、子どもさん達にもわかってもらえればなと。
 ただし、先ほどから出ている東京の状況であるとか、万が一、これが似たような状況で大阪であるとか、あるいは兵庫であるとか、こうした形で「緊急事態宣言」、なんてことになってくると、おそらく文科省も対応を変えてくるんではないかと思いますので、この通知がなされた段階では、まだ政府対策本部は立ち上げられてない段階の通知でしたんでね、この「新型コロナウイルス感染症」への対応というのは刻一刻、状況に応じて変わってくるということとなりますので、我々としてもそのあたり、国とともに、しっかりと注視をして、後手を踏まないように、やっていけばと。
 ただし、気をつけないといけないのは全て自粛をすればいいということでもないというのがつらいところ。ここに書いてあるようにやはり皆さんだと家にこもってしまいますと、例えば、持病を持たれた方、お年を召した皆様方にとっては、非常にストレス。あるいは体力低下、これに繋がってくると。
 また、今、東京で何が起こってるか。コンビニ、スーパーに行って、週末は家にいなきゃいけない。じゃあ、カップラーメンばっかり食べてるとね、やっぱり体力落ちてきますんでね。なるべく野菜か何か、肉もそうですけど、そうしたものをしっかりと買って、家族団らん、ということもあると思いますので、もう少し公園に出て、あんまり「密集」、先ほどの三つの「行為規範」というのはあるんですが、体力といった点では気をつけていただかないとまずい点でもありますので、国民の皆さん方の健康状態、こうした点も心身ともに大きな影響が出ておりますので、こうしたところの難しいバランス、これも見極めていかなきゃいけないし、我々としても注意喚起、これもしていかなければならないということで、今日は、実はこれを急遽作らさせていただいておりますので、またマスコミの皆さん方にも拡散をよろしくお願いを申し上げたいと思います。

(幹事社)
 他によろしいでしょうか。これで終了させていただきます。

(知事)
 じゃあ、長時間ありがとうございました。