やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

令和2年1月24日 定例記者会見項目別

令和元年度「徳島県スポーツ賞」の受賞者決定について(説明)

次に、第2点目。令和元年度「徳島県スポーツ賞」の受賞者決定についてであります。
昨年は、「三大国際スポーツ大会」の先陣となる「ラグビーワールドカップ2019」が開催をされ、「史上初のジャパンがベスト8入り」。この日本代表の活躍に、日本中がまさに熱狂の渦に包まれ、盛況のうちに閉幕をしたところであります。
本県では、「ジョージア」代表による事前チームキャンプが行われ、気迫溢れる「公開練習」や、心温まる交流となった「学校訪問・スクールビジット」などを行い、これらを通じまして県民の皆様に「ラグビー」や「ジョージア」の魅力を存分に体感をいただいたところであります。
そして、本年7月には「東京2020オリンピック・パラリンピック」が開催をされます。
本県におきましては、「ドイツ」、「カンボジア」、「ネパール」、「ジョージア」。この4カ国の「ホストタウン」、国が定めるわけでありますが、こちらに登録がされておりまして、事前キャンプの誘致活動を進めて参ったところでありまして、まず、オリンピックについては「ドイツ」の「柔道・カヌー・ハンドボール」。そして、「カンボジア」の「水泳」、パラリンピックにおいては、「ジョージア」代表選手の事前キャンプが決定するとともに、今月の20日には「ネパールオリンピック委員会」の皆様方との包括的な協定に加え、ネパールの「水泳協会」及び「アーチェリー協会」との間におきましても、「事前キャンプに関する基本協定」を締結をしたところであります。
このような世界レベルのプレーを体感できる機会の創出によりまして、県民の皆様方のスポーツへの関心、またその機運を高めるとともに、アスリートの皆様のモチベーション、意欲やパフォーマンスの向上にも繋がるものと考えているところであります。
さて、県では平成20年度より、スポーツに大きな功績を残し、本県の競技スポーツの発展に大いに貢献をされた選手と指導者のご功績を称える「徳島県スポーツ賞」を設けておりまして、この度、令和元年度の受賞者の皆様を決定いたしましたので、今ここに発表させていただきます。
まず、「国際大会」、あるいは「全国大会」で、優秀な成績を上げられた選手とその指導者の皆様方を称える「グランプリ賞」についてであります。
まず、「ジュニアの部」が、「第16回全国中学生弓道大会JOCジュニアオリンピックカップ大会」個人競技男子の部で優勝されました、板野中学校3年「明松大樹」さんと、その指導者であられます「吉田美恵子」さん。
そして、「ユースの部」が、「第74回国民体育大会」ライフル射撃競技少年男子ビームピストル60発で優勝をされました、小松島西高等学校勝浦校3年の「岩佐正貴」さん。
また、「シニアの部」は、「2019年ラスベガス国際オープンウェイトリフティング選手権大会」81kg級クリーン&ジャーク競技で優勝をされました、中央大学4年「原勇輝」さんと、その指導者であられます「三木功司」さん。
そして、「マスターズの部」が、「第40回全日本マスターズ陸上競技選手権大会」90から94歳の部におきまして、砲丸投と円盤投2種目で優勝をされました、徳島マスターズ陸上競技連盟の「大石正」さん。
そして、「障がい者スポーツの部」が、「ブリスベン2019INASグローバルゲームズ」女子3000mで優勝されました、吉野川市陸上競技協会・社会福祉法人カリヨンれもんの「阿利美咲」さん。
以上の皆様方にお贈りをさせていただきます。
次に、選手の育成や、競技の普及に顕著な功績を残した企業・団体を称える「奨励賞」につきましては、「ラグビーワールドカップ2019」ジョージア代表によります事前チームキャンプの受け入れや県民の皆様方との交流に尽力をされ、県内におけるラグビーの「普及」や「機運醸成」に大いに貢献されるとともに、「四国大学女子7人制ラグビー部」が「太陽生命ウィメンズセブンズコアチーム」、いわゆるトップリーグでありますが、昇格を果たし、さらには、全国高校選抜大会で「城東高等学校」が徳島県勢としては初めて2勝を上げるなど、県内での競技力向上に積極的に推進をして頂き、顕著な実績を残されました「徳島県ラグビーフットボール協会」にお贈りをいたします。
続きまして、日本代表として「国際大会」に「初出場」された選手の皆様方を称える「ドリーム賞」につきましては、「第30回ユニバーシアード競技大会」新体操団体で3位に入賞をされました、武庫川女子大学1年の「山脇陽菜」さん。
また、ソフトボールの「第8回女子アンダー17アジアカップスーパーラウンド」で優勝されました、池田高等学校辻校1年の「瀧川愛海」さん。
そして、ソフトボール女子GEM2アンダー15日本代表選手として「日台交流事業」に出場されました、美馬中学校3年「前坂七海」さん。以上の皆様方にお贈りをさせていただきます。
さらには、輝かしい功績をあげられ、県民の皆さんに夢と感動を与えた個人及び団体を称えます、「グランプリ特別賞」として、「日本独立リーググランドチャンピオンシップ」で優勝し、「2年ぶり3度目の日本一」に輝くとともに、「プロ野球ドラフト会議」におきまして、3名の選手が指名をされるなど、優秀選手の育成にも貢献をされた、「徳島インディゴソックス」の皆様方にお贈りをさせて頂きます。
なお、表彰式につきましては、2月21日金曜日に執り行う予定といたしております。また、あわせて「グランプリ賞」を受賞された皆様方につきましては、「鳴門大塚スポーツパーク」の「ポカリスエットスタジアム」正面玄関の「グランプリボード」に、それぞれの「お名前」と「その御功績」を刻ませていただきたいと考えております。
今回、受賞された皆様には、今後とも国内はもとよりのこと、世界の舞台でも大いにご活躍をして頂けるものと、心から期待をいたしているところであります。