やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

令和2年1月17日 定例記者会見項目別

「とくしま健康ポイントプロジェクト」スマホアプリの愛称決定及び配信開始について(説明)

(幹事社)

それでは知事の方から発表事項をよろしくお願いします。

(知事)
おはようございます。今日は私の方から2点発表をさせていただきます。
まず1番目は「とくしま健康ポイントプロジェクト」スマホアプリの愛称決定及び配信開始についてであります。
国の「人口動態統計」におきまして、本県の糖尿病死亡率は平成29年4年ぶりに全国「ワースト1」に逆戻りをしてしまったと。平成30年につきましては、「ワースト2」。少し改善が見られたものの、依然として全国平均を大きく上回っているところでありまして、糖尿病をはじめとする「生活習慣病対策」は、まさに喫緊の課題と言って過言ではないところであります。
そこで、この度、運動や食事、各種検診の受診など、「適切な生活習慣の確立」を県民の皆様方に促し、健康管理にご活用いただくために「徳島県版健康ポイントアプリ」制作をいたしたところであります。このアプリは、「歩数計」としての機能はもちろんのこと、「体重」や「野菜摂取量」の入力、「健康づくりに関するイベントへの参加」などによりまして、ポイントが貯まるシステムとなっておりまして、貯めたポイントで「徳島県産品のプレゼントへの応募」や「協賛店舗での特典」を受けることができる、「楽しく」、「お得」にをコンセプトとした「健康づくりアプリ」となっているところであります。
さらに、市町村、保険者、協賛事業者の皆様と連携することによりまして、アプリを活用した観光地でのスタンプラリーや保険者や企業が実施をする健康イベントでの活用、協賛事業者の商品や店舗でのPRなど「観光分野での活用」や「健康経営の推進」、さらには「地域経済の活性化」にもつながるよう、「オール徳島」で取組むお得な「とくしま健康ポイントプロジェクト」として展開を図っていく、こうした仕組みを特徴としているところであります。
また今回、このアプリの愛称を令和元年10月23日から11月18日まで県民の皆様から募集をさせていただきましたところ、お子様から高齢者の皆様方まで幅広い年齢層の102名の皆様方から137点ご応募をいただいたところであります。これらの応募作品につきましては、厳正な審査を行った結果、この度、アプリの愛称を「テクとく」と決定をさせていただきました。ということでロゴを含めてこんな感じ。
(パネルを掲示)
「テクとく」ですね。テクテク歩いてお得をゲット、というイメージということになります。グランプリに選ばれた方は、徳島市・井上涼太さん。10歳の作品で、「テク」は今も申し上げたように、テクテク歩くをイメージに。また「とく」は「お得」と徳島の「徳」ということで、「徳島で歩いてお得になろう」、これをメッセージとしてわかりやすさが込められたものであります。この健康アプリ「テクとく」は、4月からの本格運用に先駆けまして、来週1月24日金曜日からプレ配信をスタートすることといたしておりまして、更には2月1日の土曜日午前11時より、ゆめタウン徳島において、「とくしま健康ポイントプロジェクト・キックオフイベント」を開催をし、周知を図って参りますので多くの県民の皆様方に、是非この「テクとく」のご利用ご活用いただきたいと考えております。今後とも、「とくしま健康ポイントプロジェクト」の推進によりまして、「オール徳島」で「楽しく」そして「お得」に健康づくりに取組める環境を創出をし、糖尿病死亡率「ワースト1」からの脱却、そして「人生100年時代健康寿命延伸」に向けまして、しっかりと取組みを進めています。