やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

令和元年12月20日 定例記者会見項目別

「新・徳島県県土防災情報管理システム」の公開について(説明)

(幹事社)
それでは定刻ですので、知事の定例記者会見を始めたいと思います。
まずは知事の方から発表事項をよろしくお願いします。

(知事)
おはようございます。
今日は私の方から2点発表をさせていただきます。
まず、第1点目。「新・徳島県県土防災情報管理システム」の公開についてであります。
近年、頻発化、激甚化をする水害、そして、土砂災害から、県民の皆様の被害を未然に防ぐためには、情報提供。その充実強化が極めて重要となります。
そこで、去る5月8日でありますが、提供をしておりました「水害と土砂災害に関する防災情報」、こちらに加えまして、「道路規制情報」を統合をし、リニューアルをした新たな「徳島県・県土防災情報管理システム」を、来たる令和2年1月9日木曜日に公開をする運びとなりました。ということで、このシステムがこちら、っていうことになります。
(パネルを掲示)
つまり、5月8日から先行公開をしていた河川防災情報、あるいは、土砂災害情報。これに加えて、この道路の規制情報を統合して、しかも、バラバラにということではなく、一枚の地図の中にこれを入れるということが実は、ミソということになります。
では少し、中身をご紹介をいたしてまいります。
リニューアルにあたっては、まず「機能面の強化」といたしまして、「徳島の色」であります、「藍色」を基調とした、シンプルで、わかりやすいデザインを採用するとともに、「道路規制情報」だけではなくて、雨量、そして河川水位、さらには、ライブカメラの映像などの必要な情報を同一画面で確認することができるようになりまして、更には、5Gの到来によります利用端末の多様化、こちらを見据え、スマホ、また、タブレット端末、どんな大きさの画面でも表示が「自動で最適化」をされる機能、こちらを搭載をするなど、より見やすく、そして使いやすいシステムとさせていただきました。
次に、「提供する情報の充実」といたしまして、大雪や大事故など迅速にお届けをする必要のある情報を「随時テロップ」で表示をすることに加えまして、新たに、道路の渋滞情報を表示をする機能。多くの皆さん方も色んなアイコン使って、道路の渋滞情報持っておられると思うんですけどね。こうしたものを一枚の中に、ピシッと。
さらには、気象情報。例えば、注意報であるとか、警報。特に、この場合には「点滅表示」をして、気づきを持っていただこうということで、県民の皆様方に注意を促すよう、表示方法にも工夫を凝らさせていただいたところであります。
さらには、「信頼性の向上」といたしまして、災害時など、アクセス集中が生じた際にシャットダウンしちゃう、こうしたこともあるんですよね。そうした、アクセス集中、そうした際にも安定的に情報提供することができるように、サーバーの処理能力。こちらを格段に向上させていただいた。
また、「徳島県・自治体情報・セキュリティクラウド」。こちらを活用したセキュリティの強化。こちらも配慮いたしまして、「止まらないシステム」。こちらを構築をさせていただいたところであります。
「徳島県・県土防災情報管理システム」は、「徳島県県土防災」このように検索をしていただくだけでアクセスすることができる。もう一度言いますと、「徳島県県土防災」。全部漢字ですけどね。検索を頂きますと、アクセスすることができますので、是非、多くの皆様方にご利用を頂きたいと思います。
今後とも、迅速な災害対応に生かすために、情報提供の充実強化、務めさせていただきまして、県民の皆様方の安全・安心の向上をしっかりと図って参ります。