文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成30年9月3日 定例記者会見 項目別

WWAウェイクボード世界選手権大会2018を終えて(説明)

(幹事社:司会)
 それでは、知事の方からお願いします。

(知事)
 おはようございます。今日は、私の方から発表をさせていただく前に、コメントを1点させていただければと思います。「WWAウェイクボード世界選手権大会2018を終えて」ということであります。
 8月30日木曜日から9月2日日曜日までの4日間、三好市池田湖で開催いたしましたアジア初となる「WWAウェイクボード世界選手権大会2018」につきましては、世界34カ国、地域から、147名の選手の皆様方に御出場をいただきまして、無事終えることができました。
 これもひとえに、競技団体の皆様方はもとよりでありますが、開催地であります三好市の関係者の皆様方、また関係団体の皆様方、また運営面で、献身的にお支えいただいたボランティア、スタッフの皆様方、また県議会議員の皆様方、そして大会への御協賛をいただいた各種企業・団体の皆様方、多くの皆様方の御協力、御尽力の賜(たまもの)でありまして、大会組織委員会の会長といたしまして、心から感謝を申し上げたいと思います。本当にどうもありがとうございました。
 本大会は、今も申し上げましたように、アジア初の世界選手権大会でありますとともに、第30回目の記念大会でありまして、また今シーズンの世界のトップを決定する「ワールドシリーズ最終戦」でもあり、大変意義深いものでありました。
 8月31日には、開会行事とあわせ花火の打ち上げも行い、私も拝見させていただきましたが、見事な花火でした。そして、9月1日、2日は、トッププロ、また地元の小学生で結成した「イケダコイレブン」の登場もありまして、大会期間中、国内外から、1万1千人の皆様方に御来場をいただきましたところであります。
 特に「イケダコイレブン」の皆さん方は、結成後わずか1年と少々であったにもかかわらず、練習の成果を十二分に発揮されまして、松尾優太さんが10歳から13歳までの初心者男子の部門で3位、三木ここ美さんは9歳以下女子の部でやはり3位となるなど、見事な活躍をされたところでありまして、会場を大きく盛り上げていただきました。
 また、御来場の皆様方には、徳島の「食」を体感していただくため、「新鮮! なっ とくしま号」によります歓迎レセプションにおける、県産材を用いた料理、また「でり・ばりキッチン阿波ふうど号」によります、安全安心な「とくしまエシカル農産品」を用いました試食の提供を実施させていただきました。
 またさらには、JR阿波池田駅周辺では、地元の皆様方による共催イベントも開催いただいたところでありまして、この共催イベントにつきましては、選手の皆様方を含む約 3千人の来場者の皆様方で大いに賑わったところであり、駅周辺と会場との間はシャトルバス、さらには、DMV(ディエムブイ)、デュアル・モード・ビークルも登場いたしまして、来場者の注目を大いに集めたところでもあります。
 今大会は、昨年の日本初の「ラフティング世界選手権」に続き、三好市での2年連続での世界大会でありまして、「ウォータースポーツのまち」として、徳島県三好市の存在感を大いにアピールすることができたのではないかと考えるところであります。
 なお、本大会の模様につきましては、BSフジにおきまして、スペシャル番組として10月7日放送予定であるほか、海外に向けましては、北米エリアをカバーいたします「NBC SPORTS」(エヌビーシー スポーツ)、あるいはアクション・スポーツ系メディアであります「FUEL TV」(フューエル ティービィー)におきまして、世界各国に向けて放映される予定となっております。
 今後、いよいよ3大国際スポーツ大会、来年の「ラグビーワールドカップ」、そして、「2020年東京オリ・パラ」、さらには、2021年アジア初となる生涯アスリートの祭典「ワールドマスターズゲームズ2021関西」と、徳島の魅力を国内外に積極的に発信し、徳島をウォータースポーツのメッカとして参りたいと考えているところであります。

 それでは以下、発表事項を3点させていただきたいと思います。

 
知事からのご挨拶
知事の活動記録
写真で見る知事の動き
知事発言集
交際費執行状況
記者会見・庁議