文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成29年10月16日 定例記者会見 項目別

「ザ・リバーフェイス」への「県民栄誉賞」の贈呈について(説明)

(幹事社:司会)
 それでは、発表事項の方から、よろしくお願いします。

(知事)
 それでは今日は、私の方から2点発表させていただきます。 
 まず第一点目、ラフティング「ザ・リバーフェイス」への県民栄誉賞の贈呈についてであります。
去る9日まで、三好市大歩危、小歩危などで開催されておりました「ラフティング世界選手権2017」におきまして、見事、総合優勝を果たされ、「2度目の世界チャンピオン」になられました女子日本代表チーム「ザ・リバーフェイス」の皆様方に対しまして、この度「徳島県表彰」の中でも最上位の表彰となりますが、「県民栄誉賞」を贈呈することといたしました。
 なお、これまでの「県民栄誉賞」の受賞者につきましては、記者の皆様方には配布資料をお配りさせていただいておりますので、ご覧いただければと思います。
 「ザ・リバーフェイス」の皆さんにおかれましては、平成19年7月の結成以来、三好市を活動拠点とされており、これまでの世界大会では、平成21年の初出場で準優勝、ここからスタートし歴史を刻むんですね。平成22年には、「4人乗り競技」としては初開催となったオランダ大会、奇跡的な大逆転で、4人乗りの「初代世界チャンピオン」となり、その後も準優勝2回、3位2回と「輝かしい成績」を継続して残されてまいりました。
 そして、地元開催の今回は「6人乗り競技」で、再び「世界チャンピオン」という偉業を達成されました。
 こうした競技面での素晴らしい成績に加えまして、地元の皆様方とラフティング・ガイドなどの活動を通じまして、本県の観光振興、とりわけアウトドア体験を積極的に推進しております「にし阿波~剣山・吉野川観光圏」の魅力ある観光資源を国内外に発信いただきますとともに、アウトドアスポーツの普及・啓発を進めていただくことによりまして、大歩危、小歩危の美しい渓谷を誇る吉野川上流域を、国内外から年間4万人もの方々が訪れるという、世界有数のラフティング・スポットに育てていただいているところであります。
 また、チームのメンバーの多くが県外から徳島に移住されるなど「地方創生」を体現していただいているとともに、強力な推進エンジンともなっていただいているところであります。
 このような「ザ・リバーフェイス」の皆様方の大活躍は、私たち徳島県民にとりましても「夢と希望」を与えていただくとともに、本県における今後の「スポーツ振興」や「観光振興」はもとより、「地方創生」を進める上におきましても、将来への「大きな活力」となるものであります。
 さらには「徳島の誇り」とも言えますことから、その多大なる御功績を讃えるためにも「県民栄誉賞」をお贈りしたいと考えております。

 
知事からのご挨拶
知事の活動記録
写真で見る知事の動き
知事発言集
交際費執行状況
記者会見・庁議