文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成25年8月26日 定例記者会見 項目別

渇水について(質疑)

(時事通信社)
 渇水がずっと続いていたんですけども、久しぶりに雨が降ったということで、その感想というか、今後の対応についてお願いします。

(知事)
 今回、これで2日間、今日が3日目となるわけですが、いわゆる四国地方ずっと雨模様ということで、時には強く降ると。これで一時的に解除というのもあるんですが、しかし、まだまだ、例えば早明浦ダム貯水量、あるいは長安口ダムをはじめとする、総合貯水量ですね。こうしたところが十分に回復をしているのかというと、なかなかですよね。意外とダム上流に降っていない。でも、都市部は結構降っているんですけどね。これが、現状ということになります。
 ですから、一時的に取水制限を解除はしているわけですが、もうすぐにまた、(取水)制限に戻らざるを得ないと。例えば、早明浦ダムは昔から「枯れることがない」このように言われると同時に、「台風一つではなかなか満水にはならない」このようにも言われてきたんですね。しかし、今ではこの両方とも、もう過去のものとなっていましてね、空になったのは3回ありますし、台風1回で満水になったこともある。いろいろなこう意味合いがあるわけなんですけどね。そうした意味では、今回の雨だけでは、なかなか厳しいな、これがまず吉野川上流域の話、水瓶の話。
 今度は、那賀川の総合貯水量、これは那賀町のね。いわゆる高知県境近くに、かなり降ってくれるといいわけなんですが、ここもなかなか、意外と降ってない。しかし、その流域を集めてきますんでね、坂州木頭川をはじめとする、いわゆる支川からドンドンこう流入をしてくると、いうことがありますから、どのくらいまで回復してくれるのかなと、そこは少しでも期待をしたいなと、いうことですが、なかなかね解決にはまだ。しかし、贅沢ばっかりも言っていられませんのでね、こうした点については、しっかりと見極めていきたいと、こう考えています。

 
知事からのご挨拶
知事の活動記録
写真で見る知事の動き
知事発言集
交際費執行状況
記者会見・庁議