文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成26年1月6日 年頭(臨時)記者会見 項目別

文化振興への取組みについて(質疑)

(徳島新聞社)
 今年、国文祭(国民文化祭)が終わって1年余り過ぎるんですけども、特別な文化振興についての取組みについて伺えますか。

(知事)
 もちろん国文祭、全国初、二度の国文祭ということでありましたので、当然その成果といったもの、これを、やはり文化を基軸にする地域づくり。例えば音楽であれば、いろんな形での音楽が聞けるという形で、例えば音楽というと、コンサートホールで聞くというのが多くの人達の、いわば常識っていうふうになってるかもしれませんが、しかし、この二度の国文祭で例えば、「街角ジャズフェスティバル」をやってみたりとか、そうしたホール以外でやるという体験もしてきたわけでありますので、昨年は「ジャズ列車」を走らせてね、これもジャズのなかに「A列車で行こう」というスタンダードナンバーがありますので、「じゃあ、それ本当に走らそうよ」とJR四国の皆さん方に協力をいただいて、これも走らせたんですね。で、「じゃあ、音楽列車はジャズだけでもないだろう」って、「じゃあクラッシックもやってみよう」ということで、ここは合唱団の皆さん方と演奏家と一緒に乗っていただいて、そして、こちらもずっと宍喰まで行っていただいて、そこでコンサートをすると。いろいろな形を考えて行っていければなと考えております。更に当然、「人形浄瑠璃」であったり、あるいは「阿波おどり」であったり、他の4大モチーフ、「第九」を含めてね。こうした点も更に新たな進化系っていうか、コラボレーションをやっていくと。こちらについては、どんどん加速をしていくという形になるのかなと、こう思っています。

 
知事からのご挨拶
知事の活動記録
写真で見る知事の動き
知事発言集
交際費執行状況
記者会見・庁議