文字サイズ

やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利用下さい

平成26年5月12日 定例記者会見 項目別

旧吉野川流域下水道幹線管渠破損事故について(質疑)

(四国放送)
 昨日のですね、鳴門のあの下水管の件なんですけど、なんかこう新しい、最新の情報とか入っておりますか。

(知事)
 はい。今のところ影響があまり出ていない、ということがありました。今の御質問の点につきましてはね、この堤防の強靱化といいますか、ここを液状化対策ということで、矢板をこう打っていくと、それが下水管を切ってしまったと。そこへ海水が入ると。こうした事故が起こったところでありまして、速やかに対応もしていただきましたので、その後大きな影響は出ていないという形を聞いておりますので、もし何か影響があるっていうのがありましたら、記者の皆さん方にもお話をしたいと思っています。

(四国放送)
 どちらに原因、どういう、原因はどういう原因なんでしょうか。

(知事)
 まあ、管のところをしっかりと見といてもらえればね、っていった点はあるんですけどね。まあ、最初聞いた時は「えっ。」て感じではありましたけどね。

(四国放送)
 あの、県の方はちゃんと報告してるよっていう話と、国土交通省の方は。なんかお互いがちょっと責任を押しつけ合っている感じもあるんですけど。

(知事)
 必ずそうした事故が起こる時っていうのはね、片方は「もう当然それは地図で分かるでしょ」っていうことね、片方は「いや明確にされてないんじゃないか」、これ常に起こることでありますので、それは後で調整するとしてもね、まずは、下水管ですからね。これ、海水がどんどん入ってきたら困るわけだから、こうした点についてしっかりと対応していくと、していただく、といった点を第一に、ということと考えています。


(幹事社)
 ほかに御質問のある方いらっしゃいますでしょうか。
 なければ、これで終了させていただきます。ありがとうございました。

(知事)
 はい。よろしくお願いします。

 
知事からのご挨拶
知事の活動記録
写真で見る知事の動き
知事発言集
交際費執行状況
記者会見・庁議